アートは分断を乗り越えるか 岡本光博展覧会「オキナワ・ステーキ」レビュー

 

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を勤めていた森喜朗氏による女性蔑視発言がさまざまな反応を招いている。「女性の多い会議は時間が長い」「ここにおられる女性の方々はわきまえておられる」と言った森会長の発言に対してSNS上では「#わきまえない女」というハッシュタグをつけて、女性の立場から抗議する運動が展開された。

 一方でこの抗議活動に同調する男性に対する違和感を表明する声も少なからず上がっている。男性中心社会で女性を抑圧してきた強い立場の男性が、その社会を変革しようとするわけではなく、無自覚に反対運動に「連帯」を表明するだけで反抑圧側の顔をしていることに対する反発が起きているのである。(もちろんそのことに自覚的で、これを契機に男性の立場から男性中心社会の見直しを求める運動も立ち上がっている)

 この議論をネット上で見ていて、沖縄の政治状況と全国的な左派政治団体の関係のことが思い浮かぶ読者の方も少なくないのではないだろうか。日常的に抗議活動に老若男女が集まり、選挙となれば革新系の候補が勝つことが多い沖縄の事情をして、本土で生活する人々から「沖縄は民主主義の希望である」と言うような羨望混じりの評価が下されると、(本土に住む)マジョリティでありながら永田町の政治を変えることができていない自分自身の立場を棚に上げて、沖縄の運動に過剰な期待をすることに対する反発と構造が似ている。

 内外の様々な団体と情報交換や人材交流をして、運動の強度を高めることを否定するものではないが、直接的な当事者でない者が沖縄を語る際に歴史的背景や県民感情に十分配慮しないと、思わぬ対立構造が生んでしまうことが多々ある。

アートが摩擦を起こすとき

 政治運動に限らず、表現活動が心情的なすれ違いを起こすことも度々ある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ