アートは分断を乗り越えるか 岡本光博展覧会「オキナワ・ステーキ」レビュー

 

「沖縄の心に寄り添う」ことは可能か

 以上のような経緯を辿った《赤絨毯》のほかに、開催中のギャラリーeitoeikoでの個展では「2017イチハナリアートプロジェクト+3」の出品作として伊計島で発表されたものの、住民の苦情を受け非公開となり、のちに「あいちトリエンナーレ2019」内の企画「表現の不自由展・その後」で展示された《落米のおそれあり》(2017)

岡本光博 落米のおそれあり 2017 photo: Daisaku OOZU

 沖縄県民にはおなじみのステーキ店「サムズマウイ」と「四季」の看板を再構成し、ヤマトとアメリカの都合で料理される沖縄をステーキに例えて描いている《OKINAWAN STEAK》(2005)、地元のアーティストらの手を借りて、漫湖まで那覇市内の川をボートで遡上する記録映像《to MANKO》(2005)といった沖縄と真剣に向き合ってきたことがわかる作品が並んでいる。

岡本光博 オキナワ・ステーキ 2005 photo: Daisaku OOZU

 しかし、作品についての説明を尽くしたとしても、マジョリティの立場にいる者が、マイノリティのことを語る際には常に誤解されるリスクがつきまとう。特にSNSを中心とした少ない画像と短文がメインのコミュニケーションでは、炎上を回避できない。

 同じマジョリティの立場からのメッセージであっても、「沖縄の心に寄り添う」と言いながら、各種選挙や県民投票で何度同じ結論が出ても新基地建設を強行し続ける空虚な言葉と、岡本作品が大きく異なることは、沖縄の一番暑い季節に屋外で一人一人の戦没者の名前と対峙し続けて制作された岡本の丁寧な仕事が映し出された作品を見ることで理解できる。アートという手法は即時性には優れないものの、鑑賞者が作品と時間をかけて対峙することで言葉では表現しきれない感情を感じて信頼関係を深めてゆく貴重なツールになりうる、という可能性を改めて確認する機会になっている。


展覧会情報
岡本光博 オキナワ・ステーキ
キュレーション:工藤健志
会期:2021 年 2 月 6 日(土)~2 月 27 日(土)
開廊時間:12 時から 19 時
休廊:日月祝休廊
会場:eitoeiko 〒162-0805 東京都新宿区矢来町 32-2
電話:03-6873-3830
ウェブサイト:www.eitoeiko.com
お問い合わせ:ei@eitoeiko.com(担当:癸生川)

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

宮原ジェフリーいちろう

宮原ジェフリーいちろう

投稿者記事一覧

1983年東京都出身。琉球大学法文学部卒業後、NPO法人前島アートセンター、武蔵野美術大学 美術館を経て現在フリーランスキュレーター兼ライター。
著書に2018年沖縄県知事選挙を取材した『沖縄《泡沫候補》バトルロイヤル』(ボーダーインク) がある。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ