沖縄初のシングルモルトウイスキーの魅力

 

 「許田カスクストレングス2020」は、英国産のピート麦芽を原料とし、2017年に自社で仕込み・蒸留を行ったモルトウイスキーをオーク樽で3年間熟成し、アルコール度数は樽出しのままの60.9%を保った、加水なしの「カスクストレングス」。日本では珍しいピートモルトを使用し、スモーキーな香りと奥行きのある味わいに仕上げた。

 さらにノンチルフィルタード(樽熟成の香味を保つため冷却ろ過しない製法)、ノンカラード(着色料不使用)にもこだわり、熟成による天然の琥珀色と芳醇な香りが楽しめるジャパニーズウイスキーが完成した。

おいしいウイスキーの「4原則」

 「許田カスクストレングス2020」が全国から引き合いになったのは、ヘリオス酒造だからこそ実現する樽熟成技術と、先代から受け継がれた酒づくりへの情熱にあった。

 まずなによりも、ウイスキーマニアを唸らせる4大条件といわれる「シングルモルト」「カスクストレングス」「ノンチルフィルタード」「ノンカラード」が揃っていることが、高い評価のポイントだ。この4大条件が揃うウイスキーはもれなく希少価値が高いとされ、条件を満たすジャパニーズウイスキーは軒並み品切れ状態、もしくはオークションサイト等に高額で転売されている。また「シングルモルト」自体のレアさに加え、100%3年熟成の原酒のみを用いていることも希少性に拍車をかけている。

 4大条件を満たすことは容易ではなく、熟練の樽見極め・熟成技術が必要不可欠だ。樽はひとつひとつ性格が違っているといわれており、ひとつとして同じ樽はないことから樽の見極めや熟成技術は1日2日で磨かれるものではないのだという。

 父である先代から「どんなにお金がなくても、酒だけはいいものを呑め」と言われてきた2代目社長・松田亮(まつだりょう)氏は、何年もかけて研究を重ねた末、樹齢70年以上の北米産ホワイトオークの新樽を使い、熟成を行った。さらに熟成期間中は、松田氏とヘリオス酒造で樽熟成技術を磨いてきたマスターブレンダー照喜名重智(てるきなしげとも)氏がチェックを重ね、絶妙なバランスでの熟成を実現した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ