F4年間王者の平良響選手、県庁で成績報告

 
玉城知事にF4選手権の年間王者獲得を報告した平良選手(左)=7日、県庁

 フォーミュラカーレースFIA―F4選手権で2020年の年間王者に輝いた沖縄市出身の平良響選手(20)=TGR-DC Racing School=が7日、県庁で玉城デニー知事に成績を報告し、「歴代記録(8連勝)を塗り替える10連勝でF4王者になれた。今年はF3昇格が濃厚。今後も頑張っていきたい。ここまで来られたのは、両親や沖縄のスポンサーのお陰と感謝している」と語った。

 県庁での面談で、玉城知事は平良選手に対して「10連勝(での年間王者)は素晴らしい。モータースポーツの盛んな沖縄市出身の王者が誕生したことは、若者をはじめ幅広い人が喜んでいると思う。これからも挑戦を続け、最終的にはF1で走れるよう力量を広げてほしい」と激励した。

 また、「平良選手の存在が多くの若者に希望を与えている。自信を持って活躍してほしい」とも述べ、さらなる活躍を願った。さらに、「指導者の立場になった時は、道のりを後輩に伝えられる。今度ともその道を突き進んでほしい」とも強調した。

 5歳でカートに乗り始めたという平良選手は、2009年にレース初参戦。沖縄や全国、世界のレースに出場を重ねて実力を伸ばし、19年にフォーミュラ・トヨタ・レーシングスクールのスカラシップを獲得してFIA―F4選手権に参戦した。20年は同選手権で10連勝を記録するなど12戦全てで表彰台に上がり、県出身者初の年間王者を獲得している。

 面談後、平良選手は報道陣に対し「今年にステップアップが濃厚なF3は、F4王者や海外選手らが集結するのでレベルが高く、コーナースピードも速くなる分、体力面や技術的な面でもレベルアップする必要がある。F3を2年で卒業し、上のクラスに行けるよう頑張りたい」と強調し、今後のさらなる飛躍を誓った。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ