首里城は誰にとってのシンボルなのか 再建を考える(下)

 

 首里城の火災から1年余りが経ち、各方面からの視点で再建を巡る議論がされている。前回話を聞いた沖縄国際大学の桃原一彦教授は、火災から3ヶ月が経った昨年2月にゼミの在学生と卒業生を交えて「首里城についてどう思うか」をテーマに、沖縄の過去の映像記録なども参考にしながらディスカッションを行った。そこでの議論も踏まえて、ディスカッションに参加した卒業生の仲里淳さん(40)、屋嘉部大介さん(36)の2人に首里城再建について県民として感じることや考えることを改めて語ってもらった。

【関連記事】首里城は誰にとってのシンボルなのか 再建を考える(上)
 

焼け残った首里城正殿の赤瓦の破片(2020年10月)

本当に「心のよりどころ」なのか?

 仲里さんは火災発生当時、出張で東京にいた。全国ニュースでトップ扱いの報道を見て知ったという。その時の率直な感想は「ああ、燃えてるなあ、と。それ以上はこれといって感じたことはなかったように思う」。首里寒川に生まれ、その後も那覇市内で育ち、首里城の存在は物理的には近くにあったものの、報道などで「心のよりどころ」というニュアンスが強調されていることにはかなりの違和感を覚えた。

「正直言って“よりどころ”にはしてないし、『本当にそう思ってる?』という疑問の方が先に湧いてきた。テレビで燃えた首里城を見ながら泣いている人たちも映っていたが、それも『本当に?』という感覚が大きい。
 もちろん全否定するわけでもない。ただ例えば、昔から続いている行事ごとに則って、頻繁に首里城で祈りを捧げているような人が涙するということであれば理解できるが、あの時のような『皆が悲しまないといけない』という空気感にはある種の違和感も感じた。
 小さいころに守礼門にちょくちょく行ってたので、そちらが仮に被害を受けていたら、もしかするともう少し思うことはあったかもしれない」

 出張先から沖縄に戻ると、既に再建・復元についての動きが出始めていて、対応のあまりの速さには危うさも感じた。「首里城再建という動きに、沖縄のアイデンティティみたいなものを統合・集約しようとする過程を見ているかのようで、非常に居心地が悪かった」

守礼門
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ