コロナ禍の大会中止 バトンは後輩に 全国強豪首里高なぎなた部

 

先輩たちの背中を追って

 巣立ちの準備を進める3年生の背中を追う後輩たちの先頭に居るのが現主将の2年生、大城志歩さんだ。11月の県新人大会では、試合の団体・個人で優勝。さらには演技でも、同級生の小川陽(おがわ よう)さんとのコンビで優勝。3種目全てで3月下旬に予定されている全国選抜大会への出場権を得ている。前主将の宮城さんとは小中高と同じで、姉のような存在である先輩の思いは人一倍ある。

現主将 大城志歩さん(2年)

 「3年生の最後の大会にかける思いだったりこれまで練習してきた姿を見てきて、自分も本当に悔しいという気持ちでした。自分たちは(全国選抜は)開催される予定なので、3年生の気持ちもそこにぶつけたいです。個人個人の技、技術の面もそうなんですが、チーム全体としての(気持ちの)つながりというのがもう一つ全国では必要になってくるので、そこを頑張りたいと思っています。」

 この年末年始は駅伝、バスケ、ラグビー、サッカーと高校スポーツの全国大会が新型コロナの影響を受けながらも開催に至った。今後の状況はもちろん予断を許さないが、活躍の場が守られることを願ってやまない。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ