県民所得の向上に意欲 河野沖縄担当相

 
那覇港湾施設を視察する河野担当相=5日、那覇市

 河野太郎沖縄担当相が4日夕から2日間の日程で来県し、5日は那覇港湾施設(那覇軍港)や首里城を視察したほか、県内経済団体の代表や市町村・各圏域の代表らと、それぞれ懇談した。河野担当相は、沖縄の経済振興や県民所得の向上に意欲を示したほか、「いままで実施してきた交付金事業の中で、結果につながっているものは何かをデータで見て、結果につながっている所にリソースを寄せていく必要がある」と述べた。

経済界、新たな振興計画の必要性を強調

 経済団体との懇談には県内団体から13人が出席し、冒頭のみが公開された。県商工会議所連合会の石嶺伝一郎会長は「(新型コロナによる)観光需要の蒸発は相当こたえている。沖縄の企業は、ほとんどが資金力のぜい弱な中小零細企業なので、売り上げが落ちる中で何とか踏みとどまっているのが実情。GoToキャンペーンが来年6月まで延長されるという報道があったが、我々にとっては朗報なので、ぜひ実現をお願いしたい」と述べた。

 また、石嶺会長は2021年度末に期限を迎える沖縄振興計画についても触れ、「沖縄が将来に渡って持続的に発展できる新たな計画は必要。沖縄は自主財源比率が3割台なので、実効性のある新たな計画には国の支援が必要。(今後も)ぜひ、時間をいただいて経済団体との意見交換を作ってほしい」とも強調した。

県内経済団体との懇談会=5日、那覇市

 一方、市町村・各圏域代表の懇談には、県市長会副会長の桑江朝千夫沖縄市長、北部広域市町村圏事務組合理事長の渡具知武豊名護市長、南部広域市町村圏事務組合理事長の城間幹子那覇市長ら13人が参加した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ