県民所得の向上に意欲 河野沖縄担当相

 
那覇港湾施設を視察する河野担当相=5日、那覇市

 河野太郎沖縄担当相が4日夕から2日間の日程で来県し、5日は那覇港湾施設(那覇軍港)や首里城を視察したほか、県内経済団体の代表や市町村・各圏域の代表らと、それぞれ懇談した。河野担当相は、沖縄の経済振興や県民所得の向上に意欲を示したほか、「いままで実施してきた交付金事業の中で、結果につながっているものは何かをデータで見て、結果につながっている所にリソースを寄せていく必要がある」と述べた。

経済界、新たな振興計画の必要性を強調

 経済団体との懇談には県内団体から13人が出席し、冒頭のみが公開された。県商工会議所連合会の石嶺伝一郎会長は「(新型コロナによる)観光需要の蒸発は相当こたえている。沖縄の企業は、ほとんどが資金力のぜい弱な中小零細企業なので、売り上げが落ちる中で何とか踏みとどまっているのが実情。GoToキャンペーンが来年6月まで延長されるという報道があったが、我々にとっては朗報なので、ぜひ実現をお願いしたい」と述べた。

 また、石嶺会長は2021年度末に期限を迎える沖縄振興計画についても触れ、「沖縄が将来に渡って持続的に発展できる新たな計画は必要。沖縄は自主財源比率が3割台なので、実効性のある新たな計画には国の支援が必要。(今後も)ぜひ、時間をいただいて経済団体との意見交換を作ってほしい」とも強調した。

県内経済団体との懇談会=5日、那覇市

 一方、市町村・各圏域代表の懇談には、県市長会副会長の桑江朝千夫沖縄市長、北部広域市町村圏事務組合理事長の渡具知武豊名護市長、南部広域市町村圏事務組合理事長の城間幹子那覇市長ら13人が参加した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  2.  沖縄のプロサッカーチームFC琉球のJ2昇格2年目のシーズンが終わった。22チーム中16位…
  3.  90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出…
  4.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1.  緊急事態宣言が再発出される直前の1月7日、羽田空港からスカイマーク613便に乗って下地島…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ