沖縄タウンが舞台 映画「だからよ〜鶴見」主演ガレッジ川田さん「先祖に感謝」

 

映画の魅力=鶴見の魅力 

 渡辺監督はこの映画の魅力をこのように語る。
「映画の魅力=鶴見の魅力です。沖縄と南米がチャンプルーした街に溢れるウチナー魂が詰まった作品です。チムグクルを感じて頂ければ嬉しい」

 さらに、川田さんは主演を務めてみてこのように語った。
「『だからよー鶴見』に出演させてもらって地元沖縄のことがより好きになったし、ウチナーンチュのご先祖さまに感謝の気持ちでいっぱいになりました。素晴らしい音楽を残してくれたこと、素晴らしい心を残してくれたこと、南米やハワイという遠う国に居てもウチナーンチュは繋がっていると誇りに思いました」「近いうち、ブラジルやハワイに住むウチナーンチュと一緒に心を1つにした映画も必ず撮ります。それは僕の使命だと思います。このようなコロナの時だからこそ、チムググルを大切に最高の作品を作ったら天国に居るご先祖さまはきっと喜んでくれると思います。世界中にいるウチナー魂を持った皆さん、待ってて下さい」

 野村さんの想いに共感し、増えていく仲間。根っこにあるのは、地域への愛、故郷沖縄へ寄せる想いだろうか。多くの沖縄出身者が暮らす鶴見には、街角から聞こえてくるエイサーの太鼓、三線の音色、活気に溢れた情熱が流れている。また、沖縄出身者も昔から鶴見に住む人も、新たに鶴見に移り住んできた人も、外国からきた人も、全ての人種と民族をチャンプルーにしてしまう、鶴見の街のエネルギーが息づいている。

 映画は、コロナの影響で上映会が延期となっていたが、12月13日に鶴見のホールで上映されることが決定した。出演者による舞台挨拶やミニライブも予定している。その後は、東京や沖縄でも上映していく予定だ。

<だからよ〜鶴見>
監督・脚本:渡辺熱
製作:「だからよ〜鶴見」製作委員会
出演:川田広樹 (ガレッジセール)、いーどぅし、アルベルト城間、REINA(MAX)、宮川たま子、デニス植野、ガリットチュウ 他

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2 3

4

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住3年、1児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ