工事開始で安全祈願 那覇市第一牧志公設市場

 

 2022年度の完成を目指し、「那覇市第一牧志公設市場」の安全祈願式が10月19日に那覇市松尾の新市場建設現場で開かれた。牧志公設市場の各店舗は昨年7月から、建て替え作業が行われる市場から約100mほど離れた場所にある「にぎわい広場」に一時移転し、仮設市場で営業している。祈願式には城間幹子那覇市長はじめ、市関係者、市場組合の関係者らが参加。県内の食材が一同に集まる「沖縄の台所」の1日も早い完成と、工事の安全を願った。

牧志公設市場の安全祈願式

22年4月に新市場営業再開

 牧志公設市場は1950年に開業し、1972年に建て替えられたが、建物と設備の老朽化のため、再び建て替えを行うこととなった。市場には沖縄近海のカラフルな魚や、県産の牛、豚、鳥などの畜産物、そのほかにもかまぼこや島豆腐、漬物や調味料など、沖縄の食材が並ぶ。2階には複数の食堂があり、沖縄料理を楽しめるほか、1階で買った食材を調理してもらえる「持ち上げ制度」も観光客に人気だ。現在の仮設市場でもこのシステムは継続している。

 仮設市場の営業は2022年3月31日までで、同年4月1日からは建て替えられた新市場での営業が再会される予定だ。新市場は地上3階建てで、1階では精肉や鮮魚などの販売店舗、2階には食堂や軽食スペース、3階に料理体験教室などが入居する予定となっている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ