週末の飲食店はすでに「コロナ前の人出」 営業制限解除から1ヶ月

 
北谷の週末の夜には活気が戻っている

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための沖縄県独自の時短営業・休業の規制が全面解除されて1ヶ月が経った。県内感染者数が0人や1桁台で推移していることもあり、飲食店が立ち並ぶ街場には、“コロナ前”ではないかと思ってしまうほどの人出が戻ってきている場所もある。
 「国際通り、久茂地近辺は週末には7~8割の客が戻っていて、コロナ前とほぼ遜色ないと言ってもいいですね。1番戻りが早いのは北谷です。地元の若者や観光客も含めて圧倒的に人が多いんです」。そう語るのは県内の飲食店約1,000店舗が加盟する沖縄県飲食業生活衛生同業組合の鈴木洋一理事長だ。

夜の北谷は大賑わい

 県独自措置が10月末で解除されたことに加え、11月中は会食「4人以下」「2時間以内」としていた対処方針の要請も11月25日に前倒しでの終了となり、繁華街へ繰り出すハードルはかなり低くなっている。

 11月最後の週末、北谷のアメリカンビレッジ周辺を訪れてみると、20代の地元の若者と観光客のカップルや家族連れ、米軍関係者とみられる外国人でかなりの賑わいを見せていた。ビール片手に海沿いを歩く人たちや、テラス席で楽しそうに乾杯する人たちがいる光景は、目にするだけでも少々気分が高まるほどだった。
 一方、那覇市内でも国際通りやアーケード街の店には多くの人が集まっており、お酒を楽しむ人たちの笑顔とご機嫌な声が方々から飛び込んでくる。

 鈴木理事長によると、各地の飲食店での人出は那覇市の国際通りや久茂地は前出の通り週末は7~8割で多くの客がいるが、平日はまだ5~6割にとどまる。キャバクラが軒を連ねる歓楽街・松山の深夜帯はまだまだ人の戻りが遅いという。
 リゾートホテルの多い恩納村は低迷しており、全体を通して5割程度で推移している。離島については八重山地域が5割で「Go To待ちの状態」で、宮古島はかなり観光客が戻っていると同時に地元客の需要も回復して「忘年会まで埋まっている店もある」という。

国際通りでは団体客の姿も多く見かける
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ