沖縄の有効求人倍率、20カ月連続で全国最下位

 
会見で発言する沖縄労働局の西川昌登局長=30日、沖縄県庁

 沖縄労働局は30日、10月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同水準の0.80倍(全国平均1.15倍)となったと発表した。1.0倍を下回るのは18カ月連続、全国最下位は20カ月連続だった。県内の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.8ポイント改善の2.4%。

 県内の有効求人倍率は、新型コロナウイルスによる県経済への打撃を反映して2020年5月に1.0倍を下回り、それ以後は0.7~0.9倍で推移している。県庁で会見した西川昌登局長は、「求職の超過が続いており厳しい状況にある。新型コロナが雇用に与える影響に注意していく必要がある」と説明した。

 西川局長は、沖縄県独自の感染拡大抑制期間が終了して飲食、観光需要を喚起する施策もあり観光産業を中心に活気が見え始めているが、原油高や軽石など新たな懸念材料もあるとして「求人の動向は引き続き注視していく必要がある」と指摘した。

 また、事業主に対して早めの人材確保を検討するよう求めたほか、求職者にはオンラインを含めた企業の合同説明会、セミナーなどを積極的に活用して就職につなげるよう呼び掛けた。

 10月の新規求人数(原数値)を産業別でみると、生活関連サービス業・娯楽業が前年同月比64.7%増の359人、宿泊業・飲食サービス業は同20.8%増の1132人などとなった。生活関連サービス業・娯楽業は、フィットネスクラブやゴルフ場、マリンスポーツなどスポーツ関連施設、旅行会社の窓口要員の求人が多いという。

沖縄本島北部、宮古・八重山の有効求人倍率が高い傾向

 有効求人倍率を地域別で見ると、ハローワーク那覇管内で0.73倍となっている沖縄本島中南部に比べ、沖縄本島北部と宮古・八重山が比較的高い値を示した。同労働局では、沖縄本島北部や宮古・八重山について「宿泊・飲食業で求人が出ている。宮古地区では大型商業施設や大型ホテルの建設に伴う求人も出ている」と指摘した。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ