7月電気料、一般家庭で616円上昇 国・県の支援終了で 沖縄電力

 
沖縄電力那覇支店(資料写真)

 沖縄電力(本永浩之社長)は30日、一般家庭の電気料金(月間使用料260㌔㍗時と仮定)の7月請求(6月使用)分が9663円になると発表した。6月請求(5月使用)分から616円値上がりとなった。

 電気料金の上昇は、3カ月連続。再生可能エネルギー発電促進賦課金が上昇したほか、国と県が行ってきた支援策の補助が、6月請求(5月使用分)は半減、7月請求分からは終了することが理由という。

 同社は燃料費の大幅な高騰を理由に、昨年6月から一般家庭で約33.3%となる電気料金の値上げを行っている。一方、全国的に国が行っていた支援に上乗せする形で、県内では国・県が連携して同時に支援を実施してきた。

 このため、昨年6月使用分の電気料金は、一般家庭で補助がない場合は1万円を超えていたが、支援により約8100円に抑えられた。

 また、当初は昨年9月までとされていた国と県の支援は、燃料費の下落に伴い、補助を半額として今年5月使用分(同月はさらに半減)まで延長。結果として、同期間に一般家庭の電気料金は、おおよそ7000~8000円台を推移していた。

 同社の担当者は、今後の電気料金について「燃料費の推移などが不透明で、確実に見通すことは難しい」と話している。

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ