日本最大規模となる「食」の商談会、沖縄で開幕

 
日本最大級の「食」の商談会、「沖縄大交易会」が沖縄コンベンションセンターで始まった=16日、宜野湾市

 日本最大級の「食」の商談会、「11th沖縄大交易会2023」が16日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開幕した。沖縄を含め全国各地から195社が参加し、バイヤーも国内外から多く訪れている。開催は17日まで。 

 この商談会は、東アジアの中心に位置する沖縄の地理的な優位性を活かし、国際物流貨物のネットワーク構築と拡大を目指すもの。会場に設けられたブースでは、バイヤーとサプライヤーが熱心に商談する姿が見られた。

 また、商談ブース以外にも企業が展示を行うスペースもあり、出展した企業がバイヤーに商品を紹介していた。沖縄県内の離島で作られた商品を紹介する「みらいおきなわ」の担当者は「沖縄本島にはない商品も多いので、興味を持ってもらっている」と手応えを語った。

 また、調味料を販売している「島唐食品」の中嶋哲也社長は、「万能調味料で人気がある。大交易会から世界につながっていきたい」と強調した。何度も参加しているという「浜口水産」の濵口美由紀代表は「(大交易会に)出てくる度に、声を掛けてくれる人が多くいる。本当に人と人をつなぐ場所」と力を込めた。

 

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ