沖縄県「訴状確認して対応」 政府、辺野古での代執行念頭に提訴 

 

(沖縄県庁)

 政府は5日、米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐる工法変更について、知事に代わり国が承認する「代執行」を念頭にした訴訟を、福岡高等裁判所那覇支部に提起した。沖縄県の玉城デニー知事は同日、県議会棟で記者団に対して「訴状の内容をよく確認した上で、対応を検討していきたい」と述べた。

 辺野古地区では、大浦湾側の海底に軟弱地盤が見つかっており、国は大規模な地盤改良を行うため工事方法の変更を求めている。これに対し、県は2021年11月に不承認との判断を下した。

 その後、政府は県の不承認処分を取り消す「裁決」や、工法変更を承認するよう「是正指示」を発出。県は法廷闘争を繰り広げたが、9月までに最高裁で敗訴が確定している。

国による訴訟提起を受け、記者団の質問に答える玉城デニー知事=5日、沖縄県議会棟

 最高裁の判断を受け、政府は改めて、県に工法変更の承認を求める「勧告」や、より強い「指示」も実施。ただ、指示の期限だった4日、県は政府に対し「期限までに承認を行うことは困難」と回答した。

 県が承認しない場合、当初から国は代執行を目指して訴訟を提起するとみられていた。現実に代執行が行われれば、大浦湾側の埋め立てが可能になる。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ