旅行社社長が語るコロナ禍のリアル(上)

 

このままでは旅行社の3割が消えてしまう

——台湾は封じ込めに成功したものの、日本は感染が広がってしまいました。

「台湾が日本への渡航制限を発出した3月以降、売り上げはゼロです。この状況がさらに続けば、旅行社の3割は消えてしまうでしょう。中小にも恩恵が届くような施策が必要なんです」

那覇空港ターミナル 沖縄ニュースネット
閑散とした那覇空港ターミナル(国内線)=5月24日撮影

——行き来ともに台湾が主力ですが、1年の流れを教えてください。

「受け入れで言うと、1月は旧正月の休みで来ます。2~3月は沖縄マラソンを除き中休みといったところで、4~6月はなぜかお年寄り、子供を含めた家族連れが多いです。4~10月がシーズンで、会社のインセンティブツアーなどもこの期間にあります。これは大きいですよ。大企業になると2000~3000人規模になりますからね。

 7~8月は夏休みを利用したマリンレジャー目当てが多いです。9~10月は7~8月に来られなかった人たちの“遅めの夏休み”です。10月は那覇祭り、那覇大綱挽きがあり、11月は産業祭り、12月はNAHAマラソンと目白押しです。特にNAHAマラソンは年々参加者が増え、11月中にホテルの手配を終える必要があるので大変です。

 送り出しは1月がオフシーズンですが、旧暦1月15日に開催される『ランタン祭り』も徐々に増えています。2月は高雄マラソンに沖縄から100人以上が参加します。3月は大学生の卒業旅行、4~5月はゴールデンウイーク期間中のツアーですね。6月は梅雨で小休止ですが、5~6月は業界団体による視察研修旅行が多いんです」

台湾のランタン祭り

——専門性の高いミッションですね。沖縄、台湾双方の文化に精緻しているからこそ需要があるんだと思います。

「7~8月は夏休み、9月はシルバーウイークに集中します。10月はもう台湾のどこかでイベントがあるというほどのイベントラッシュです。主なものだけでも『雲林国際人形劇祭り』『媽祖島クルージング』『日月潭花火音楽フェスティバル』『東海岸大地芸術祭及び月光・海音楽会』『南投世界茶業博覧会』『台北ファッションウィーク』……といったところです。

 11月は2度の連休があり、12月は歳末大売り出しや食の展示会なども開催されます。もちろん年末年始を利用したツアーも安定しています」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ