沖縄電力コーチ大城直也さん(下) 沖縄野球人伝説②

 

ボロボロになっても現役で踏ん張って

 松阪世代、同じ甲子園でプレーした大城直也。

 「若いときは、松坂世代って一括りにするな、個人個人みてよって思っていたけど、今はその世代ってみてもらえるのは嬉しいこと。僕らが知っている松坂大輔投手ではないし、みっともない姿かもしれないけれど、最後まで選手としてやりきってほしい。ボロボロになっても現役で踏ん張ってプレーし続けてほしいと思う」

 そう目を細める。

沖電では3塁コーチャーを務める

 今は自分がプロ野球選手になるのではなく、自分の経験を伝えた教え子がプロ野球選手になることが夢。

 「僕が高校、大学、社会人で野球をやってきた中で『あ、これって兄が言っていたことだ』『監督の言葉だ』って事がすごくあった。幼い頃教わった基本が繋がっていく。それと同じで、『これ大城直也コーチが言っていたことだ』って感じてくれるプロ野球選手が誕生したら凄く嬉しい」。

 沖縄で生まれ、野球に出会い、栽監督の存在があっかたからこそ、再び沖縄の地に戻ってきた。大城直也の夢はまだまだおわらない。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

相羽 としえ

投稿者記事一覧

愛知県生まれ。東海ラジオアナウンサーからフリーアナウンサー&ライターに。スポーツニッポン、中日スポーツなどのスポーツ記者を経て、2017年沖縄与那原町に移住。3年間地域おこし協力隊として与那原の情報発信に務めた。現在もまちづくりなど様々な情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ