キングス「第2章」へ 新社長の白木氏「世界に羽ばたくチームに」

 
キングスの将来像について熱く語る沖縄バスケットボールの白木享社長=7月28日、宜野湾市のプロトソリューション(長嶺真輝撮影)

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスが、変革の時を迎えた。運営会社である沖縄バスケットボール(沖縄市)の株式を、情報提供サービスを展開するプロトソリューション(宜野湾市、白木享社長)が取得し、経営に参画。それに伴い、球団創設者である木村達郎氏が社長を退き、6月10日付けで白木氏が新社長に就任した。

 プロリーグ参入から15年。「沖縄をもっと元気に!」をスローガンに、”西の強豪”として多くの実績を積み重ね、県民に愛されるキングスが球団史の「第2章」へと歩みを進める。7月28日、HUB沖縄と沖縄バスケ情報誌「OUT NUMBER(アウトナンバー)」が白木氏に共同インタビューを行い、資本参画に至った経緯や球団の将来像を聞いた。

スポンサー、個人として交流深める

ーまず、御社とキングスの出会いについて聞かせてください。

 「私たちの会社は16年目を迎えますが、10年ほど前に(中古車情報を掲載する)グー沖縄という媒体を展開することになりました。そのプロモーションの一環で、キングスのゴール下に広告を出すことになったのが最初のきっかけです。スポンサーとして初めて試合を観に行った時は圧倒されました。ファンとの一体感がすごくて、こういう世界があるんだって。これはますます伸びるビジネスだと感じました」

 「オフィスがお互いに近いこともあって、木村さんと食事に行く機会が何度かあり、アリーナの構想とか夢を語ってもらえる時もありました。木村さんとは同じ年代ですが、こういう経営者はあまりいない。いつか自分もスポーツビジネスをやってみたいと思っていたので、すごく羨ましかったです。ワクワクしながら話をしている様子は、キラキラして見えました。『NBAに行くような選手をキングスで育てたい』という話も真剣にしていました」

昨季メンバーのポスターを挟んで笑顔を見せる沖縄バスケットボールの白木社長(左)と佐々木淳取締役

ー資本参画については、いつ頃から話があったのでしょうか。

 「木村さんからバトンタッチができる人を探しているという話を東京で初めて聞いた時には、私も驚きました。キングスに人生を捧げてきた中で、今後についてものすごく考える時期ですよね、という人生観の話をしていました。今後について具体的な事は聞いていませんが、同じ年代なので共感できる部分がすごくありました」

ー白木さんもプロトソリューションを大きくしていく上で、大変なことが多かったのではないでしょうか。

 「あまり大変だと感じたことはなくて、これまで楽しくするためにはどうしたらいいかということを常に考えていましたね。人生の半分以上は仕事をする中で、社員がこの会社が嫌で辞めていくというのは嫌だったので、それはできる限りなくしたいという思いはすごく強かったです。もちろん理想論ではありますが、そういう環境をつくりたいというのは今も思っています」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ