日本初!ミセス・アース・ジャパン開催 沖縄大会にかける想い

 
提供:2020Mrs.Earth.JAPAN OKINAWAロゴマーク

 美を競い合うミスコンテストという名目ながら女性の社会進出や活動支援のほか、社会貢献やSDGsなど社会活動としての側面も強く意識した「Mrs.Earth.JAPAN(ミセス・アース・ジャパン)」の記念すべき第一回目日本大会が開催される。

 世界4大ミスコンテストのひとつであるミス・アース・ジャパンが公認するこの大会は、今年12月1日に東京丸の内にある「東京国際フォーラム」にて開催されるが、その前に沖縄では11月1日に地方大会が実施予定だ。

 大会の趣旨や目的、沖縄大会の詳細を、沖縄事務局長を務める「株式会社 SFIDA-INTERNATIONAL-OKINAWA」代表取締役・佐藤 龍一(さとう りゅういち)さんと、沖縄大会のビューティーキャンプ講師を務めるWabachiLab. 代表・福島 知加(ふくしま ちか)さんにうかがった。

ミセス・アース・ジャパンとは

 まずはミセス・アース・ジャパンの説明をしたい。日本初開催となる「ミセス・アース・ジャパン」とは、今年で14年目を迎える「ミス・アース・ジャパン」の“ミセスバージョン”である。

 「ミス・アース・ジャパン」は世界4大ミスコンテストのひとつであり、世界規模の美の祭典だ。ミスコンテストの中でも、地球環境保護に対する意識や活動を重視したコンテストで知られている。

 ミス・アース・ジャパンには年齢制限がある(28歳)。一方ミセス・アース・ジャパンでは29歳以上の女性を参加条件とし、外面的な美しさに加え、内面美を重視する大会であることが特徴だ。

 部門は以下4種類だ。
・サファイア部門(20~39歳、既婚or結婚歴あり)
・エメラルド部門(40~59歳、既婚or結婚歴あり)
・パール部門(60才以上、既婚or結婚歴あり)※パール部門のみ着物OK
・ルビー部門(29歳以上、未婚・出産歴がない女性)

 日本大会ではグローバル部門や女性経営者部門、子育てママ部門、地域環境部門、SDGs部門などあらゆる部門がある。

 開催の目的として重視されたのが、女性オピニオンリーダーの創出だ。特に日本はSDGs(国連サミットで採択された2030年までの国際目標)達成において、2019年段階で世界156ヵ国中15位(※2019年版「SDG Index and Dashboards Report」)に位置しているが、ジェンダー平等やパートナーシップにおいての低評価が足を引っ張っていると言われている。

 そこでミセス・アース・ジャパンでは、地球環境保護問題を世界的規模で取り組むことができる女性たちを応援し、平和で美しい地球を次世代に引き継ぐことを目指す。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ