【沖縄復帰50年式典】玉城知事「復帰の意義、国民全体で共有を」

 

 沖縄の日本復帰からちょうど半世紀となる5月15日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターと東京都のグランドプリンスホテル新高輪の両会場で、政府と沖縄県が共催する記念式典が開催された。天皇皇后両陛下がオンラインで臨席する中、岸田文雄内閣総理大臣と玉城デニー沖縄県知事がそれぞれ式辞を述べた。両氏は共通して、復帰の悲願を祝し、この50年間の沖縄県の発展を述べる一方で、今なお残る課題として子どもの貧困問題や一人当たり県民所得向上などを挙げ、解決に向けて思いを確認し合った。

岸田首相「国民全体の悲願」

 岸田首相は「沖縄県との共催で記念式典を挙行できることは大変喜ばしいことであり、沖縄県民のみならず、全ての日本国民にとって意義深いこと。沖縄戦や米軍施政権下の苦難を乗り越え、沖縄県民、国民全体の悲願として実現した」と述べ、復帰50年の節目を祝した。

 また「戦争によって失われた領土を外交交渉によって回復したことは史上まれなことであり、日米両国の友好と信頼によって可能となった」とも言及した。

玉城知事「自立型経済道半ば」

 玉城知事は「沖縄県内外で、沖縄の日本復帰を望む全ての人々の努力や、佐藤栄作元総理大臣をはじめとする政府関係者のご尽力で、50年前の本日、日本復帰を果たしました」と改めて沖縄の日本復帰に感謝した。

 沖縄の発展が実現している面はあるものの、現状は「自立型経済の構築はなお道半ばにある」とし、離島における不利性や脆弱な産業構造などの課題を示し、解決に向けた決意を示した。

 また、国土面積の0.6%の沖縄県に、在日米軍専用施設の70.3%が集中する過重な基地負担にも言及。「本土復帰に当たって沖縄県と政府が共有した『沖縄を平和の島とする』という目標が、復帰50年経っても達成できていない」と述べ、政府に対して「沖縄県民が渇望し続けている沖縄の本土復帰の意義と、恒久平和の重要性について国民全体の認識の共有を図って頂きたい」と要望した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ