【復帰50年】「沖縄は試されている」元副知事・上原良幸さんインタビュー

 
上原良幸さん

 5月15日で沖縄は本土復帰50年を迎えた。連日さまざまなメディアで「復帰50年」というフレーズを見かけるし、沖縄が舞台のNHK朝ドラの放映も始まるなど盛り上がりムードが漂う。ただ、半世紀が経った今も沖縄が置かれた状況は決して楽観できるものではなく、新型コロナウイルスによる打撃からの経済回復や振興計画の具体化、そして基地問題の段階的な解決など、まだまだ課題は山積みだ。

 本土復帰時に制定された「沖縄振興特別措置法」に5年以内の見直しが規定されたことに触れ、「沖縄は試されてますよ」と危機感を示すのは、元副知事の上原良幸さん。沖縄県庁1期生でもあり、40年間県政に関わった行政マンだ。復帰後の沖縄の行政や振興策、そして何十年も抱え続けている問題点について、上原さんに話を聞いた。


 ―復帰50年目で、第6次の振興計画も策定されます。これからより良い沖縄を目指すためにはどんなことを考えて動いていくべきでしょうか。

「今最も懸念しているのは、秋の知事選。正直言って、今知事選なんかやってる場合じゃない。今回の振興計画については、自民党が5年で見直すと言っていたことが盛り込まれています。これは沖縄が試されてるということですよ。下手したら今の県政なら後半の5年も『今のままでお願いします』と言いかねない。そうなったら完全にアウト。沖縄は見切られますよ。

 だから、一応コロナのせいにして2年は猶予もらって(笑)、あと3年のうちに沖縄県民全体で知恵を集めて議論して、日本を引っ張っていくような提案をすべきです。

 そもそも本土との格差是正を図るための振興開発特別措置法は、僕は一世代30年というスパンで終わるかなと思っていたんですが、95年に発生した米兵による少女暴行事件が大きなターニングポイントになりました。

 実際、この頃には国からの補助率はどんどん削られていた。でもその過程で事件が起こり、東西冷戦が終わって安全保障について国民が関心を持たざるを得ない状況でもあったことも加わって、基地縮小の声は大きくなりました。後に普天間飛行場撤去の合意にもつながった。ここで基地の計画的返還と跡地整備の議論が始まり、沖縄振興策を具体化するための動きが加速化したんですよ。

 僕はもう今は別に振興策みたいな、沖縄に対する国の配慮みたいなものはもう要らないと思っています。もちろん基地があるから、受け取るべきものは受け取りますが」

「沖縄県は全国の中でも極めて特殊な場所と言えます。基地の存在もありますけど、沖縄だけ振興開発のための国の役所がある。他の県からみれば『沖縄はあんな所にも橋をかけやがって』と思うくらいばんない(たくさん)橋かけているでしょ(笑)。

 基地があるから作れない所もあるけれど、開発という点で見れば、現状は出来るところはもうある程度やった。そういう意味では、基盤整備は完了していると言ってもいいと思う。鉄軌道の議論も出てはいるが、『本当に今から作るの?』と。そもそも鉄軌道は開発の初期の段階でやるものだが、言ったように沖縄はもうその段階ではないので、今から鉄軌道というのは意味がないでしょう」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ