キングス、B1の過去最高勝率更新が確定 広島に81ー77

 
試合開始前のルーティーンとなっている同時ジャンプで士気を高めるジャック・クーリー(右)と小野寺祥太=5月7日、沖縄アリーナ

 プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あと1試合を残して、B1の過去最高勝率を更新することが決定的となった。

 7日に沖縄アリーナで西地区の広島と対戦したキングスは81ー77で接戦を制し、現時点の通算成績は49勝6敗。レギュラーシーズンの最終戦となる8日の広島戦で負けた場合でも最終的な勝率は8割7分5厘となり、18-19シーズン(3地区制)に千葉が東地区で記録した過去最高勝率の8割6分7厘を上回ることが確定した。

 今季で地区5連覇となるキングスのBリーグ過去最高勝率は、昨季2020ー21シーズンの7割1分4厘(40勝16敗)だった。

負傷者続出も満原らカバー

外角にパスをさばく満原優樹

 試合は序盤から一進一退となったが、第1Q残り2分35秒でキングスをアクシデントが襲う。ゴール下のリバウンド争いで、広島のグレゴリー・エチェニケの手がジャック・クーリーの顔面に接触し、倒れ込んだクーリーはそのまま交代。自力で歩いてコートを後にしたが、その後プレーすることはなかった。

 同じく主力のアレン・ダーラムもコンディション調整で欠場していたため、ビッグマンの満原優樹や特別指定選手の松本礼太の出場時間が増加。2人ともキングスの信条である激しい守備や攻撃でのボールシェアを貫き、主力が不在の中でも相手にペースを握らせない。

 最後は試合時間残り2分29秒で今村佳太のスリーポイントシュートで同点に追い付き、さらに1分34秒で並里成もスリーポイントを沈め、勝ち越して逃げ切った。

 桶谷大HCは「今日も苦しい状況の中、選手が頑張ってくれた」と納得の表情。「選手達は自分達のやりたいコンセプトを理解した上で、プレーをやり切るという事を忠実に続けてくれたので、今日は劣勢になる部分は多々あったのですが、慌てずに混乱せずにやりきった点が、最後の結果につながったと思います」と振り返った。

 改めて層の厚さを見せつけたキングスに対し、広島のエースガード辻直人も「相手はフルメンバーが揃ってない中で、勝たないといけない試合だった。地区優勝を決めているチームだけあって、誰が出てもカバーできるチーム力はさすがだなと思いました」と称賛した。

CSに向け存在感増す「小寺さん」

どっしりとしたスクリーンで味方のフリーを演出する小寺ハミルトンゲイリー

 チーム最長となる30分22秒出場したのは帰化選手の小寺ハミルトンゲイリーだ。いずれもチームトップの12リバウンド、5アシストを記録したほか、ディフェンスでのヘルプやオフェンスでのフロアバランスの維持など「縁の下の力持ち」としても勝利に貢献した。

 クーリーやダーラムを念頭に「自分が長い時間プレーできたことでみんなを休ませることができたし、必要とされる役割で勝利に貢献できました」と淡々と振り返った小寺。回りを生かすプレースタイルと同様に、会見でもチームメートの活躍に触れ「満原も(勝利に貢献する)大きなプレーを見せてくれて、評価に値すると思う。層の厚さがあるからいい結果が残せると思っています」とチーム力を誇った。

 5月13日に初戦を迎えるチャンピオンシップ(CS)では有力な帰化選手を抱えるチームが多く、ゴール下の激しい主導権争いが予想される。身長206センチで高いリバウンド力を持ちながら、視野の広さも兼備する小寺はキングスのCSの結果を占うキーパーソンの1人だ。

コー・フリップン(右)の好プレーを讃える小寺

 小寺は「CSに向けてチームとして良い準備ができているので、(チームを)支えていきたい」と存在感のある”黒子役”に徹する。玄人受けするプレーに対し、指揮官も「本当に彼がいてくれて良かったと思います。守備の駆け引きがうまくて、ヘルプディフェンスもしっかりしてる。パスセンスもあって、回りの選手もやりやすいと思います」と厚い信頼を寄せる。

 ファンから「小寺さん」の愛称で親しまれる小寺。CSでもチームを力強く支えてくれそうだ。

CS初戦の相手決定は最終戦に持ち越し

ユーロステップで相手ディフェンスを交わし、レイアップシュートにいく松本礼太

 キングスのCS初戦となる準々決勝の相手は、8日に行われるレギュラーシーズン最終戦まで確定が持ち越しとなった。

 6日までにキングスの相手となるワイルドカード下位に入る可能性があるチームは勝率が高い順に三河、渋谷、秋田の3チーム。7日は三河と渋谷が負け、秋田が勝利したことで、依然として3チームにCS進出の可能性が残った。

 最終戦は、三河は勝つことが条件となり、渋谷は三河が負けて渋谷が勝った場合、秋田は三河と渋谷が負けた上で勝利すればそれぞれCS進出が決まる。

 岸本隆一は「どこも侮れないチーム」としながらも「実際は相手がどうこうじゃない。自分達がなすべきことをやれば、結果が付いてくるという自信はある」と言い切る。ただ、渋谷は元キングスHCの伊佐勉氏が率いる。対戦したい相手を問われた岸本は「公言はできないけど、さっきは千葉対渋谷を見てました」と含みのある笑いを浮かべた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ