福祉、経済発展に意欲 沖縄県の池田新副知事

 
辞令交付式後に記者会見した池田竹州副知事=1日、県庁

 知事公室長や総務部長を歴任して、1日付で沖縄県の副知事に就任した池田竹州氏(60)は同日、辞令交付式後の就任会見で、「副知事の責任は非常に重い。県民の福祉の向上や経済の発展のために、少しでもお役に立てるよう努力したい」と決意を述べた。任期は2026年3月末までの4年間。

 今年は本土復帰50周年の節目を迎え、新たな沖縄振興計画もスタートする。副知事としての取り組みについては「県民所得の底上げを図り、貧困を無くしていくことが大きなテーマ。教育機会の確保や就学しやすい環境づくりをしていきたい」と語った。

 また、「一方で県民の労働の生産性を上げて、所得を少しずつでも増やしていき、より多くの方が貧困の連鎖から抜け出していければ、自立型経済の発展につながる」とも述べた。

 その上で、「10年間の新たな振興計画のスタートなので、今の計画案や実行計画が県民の実りある暮らしに結び付くよう、微力ながら精一杯努力していきたい」と強調した。

 重要課題とする米軍基地問題については「基地負担の軽減は、県議会でも与野党問わず一致している。負担軽減のためにも政府、米軍と連携を密にしながら対応していきたい」と述べた。

 子どもの貧困問題については「子どもの貧困対策基金では、ある程度の財源の裏付けができている。新たなヤングケアラーの課題にも使える余地はあるので、NPOや活動されている方々の意見を聞きながら、財源を有効活用できるよう対応したい」と話した。

 池田氏は、1986年に沖縄県入庁。米軍基地問題を担当する基地対策統括官や知事公室長を歴任し、2020年4月から総務部長を務めていた。那覇市出身。琉球大学卒。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ