供用2周年で祝賀会 那覇空港第2滑走路

 
第2滑走路供用開始2周年を祝って鏡割りをする関係者=26日、那覇空港

 那覇空港第2滑走路の供用開始後2周年を記念した祝賀会が26日、同空港で開かれ、関係者ら約200人が参加した。石嶺伝一郎那覇空港拡張整備促進連盟会長のほか、玉城デニー知事、西銘恒三郎沖縄担当相、菅義偉前首相もあいさつに立ち、同空港と県全体の発展を祈念した。代表者による鏡割りも行った。

 那覇空港は、第2滑走路の供用開始により滑走路処理容量が従来の1.8倍となる24万回に拡大した。第2滑走路の総事業費は2074億円。

 石嶺会長は、あいさつで「本土復帰以降の沖縄振興で、観光需要増に対応できる那覇空港の拡張整備、第2滑走路の建設は大きな課題だった。第2滑走路の完成までには、政界、経済界の息の長い運動があった。第2滑走路の実現に情熱を傾けた全ての皆さんに感謝する」と語った。

 玉城知事は「新型コロナの影響が長期化し、入域観光客数が大幅に落ち込んでいる。県としては、水際対策を徹底するなど『安全安心な島沖縄』の構築に向けて取り組んでいる。国の支援策を活用して、段階的に国内外の旅行需要を取り組んでいく」と述べた。

約200人が出席した第2滑走路供用開始2周年祝賀会=26日、那覇空港

 西銘担当相は「沖縄は、間もなく復帰50周年を迎える。観光や物流を始め、沖縄の産業発展に那覇空港の利便性は欠かすことができない。引き続き関係省庁と連携しつつ、沖縄振興に全力を尽くしていく」と語った。

 菅前首相は「観光客が増えるにつれて(沖縄の)有効求人倍率も始めて1倍を超えた。地価の値上がりも全国で上位を占めるような状況になった。現在は(新型コロナの影響で)このような状況だが、沖縄の観光はV字回復すると信じている」と強調した。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ