供用2周年で祝賀会 那覇空港第2滑走路

 
第2滑走路供用開始2周年を祝って鏡割りをする関係者=26日、那覇空港

 那覇空港第2滑走路の供用開始後2周年を記念した祝賀会が26日、同空港で開かれ、関係者ら約200人が参加した。石嶺伝一郎那覇空港拡張整備促進連盟会長のほか、玉城デニー知事、西銘恒三郎沖縄担当相、菅義偉前首相もあいさつに立ち、同空港と県全体の発展を祈念した。代表者による鏡割りも行った。

 那覇空港は、第2滑走路の供用開始により滑走路処理容量が従来の1.8倍となる24万回に拡大した。第2滑走路の総事業費は2074億円。

 石嶺会長は、あいさつで「本土復帰以降の沖縄振興で、観光需要増に対応できる那覇空港の拡張整備、第2滑走路の建設は大きな課題だった。第2滑走路の完成までには、政界、経済界の息の長い運動があった。第2滑走路の実現に情熱を傾けた全ての皆さんに感謝する」と語った。

 玉城知事は「新型コロナの影響が長期化し、入域観光客数が大幅に落ち込んでいる。県としては、水際対策を徹底するなど『安全安心な島沖縄』の構築に向けて取り組んでいる。国の支援策を活用して、段階的に国内外の旅行需要を取り組んでいく」と述べた。

約200人が出席した第2滑走路供用開始2周年祝賀会=26日、那覇空港

 西銘担当相は「沖縄は、間もなく復帰50周年を迎える。観光や物流を始め、沖縄の産業発展に那覇空港の利便性は欠かすことができない。引き続き関係省庁と連携しつつ、沖縄振興に全力を尽くしていく」と語った。

 菅前首相は「観光客が増えるにつれて(沖縄の)有効求人倍率も始めて1倍を超えた。地価の値上がりも全国で上位を占めるような状況になった。現在は(新型コロナの影響で)このような状況だが、沖縄の観光はV字回復すると信じている」と強調した。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ