沖縄⇔ウクライナ直接質疑 映像で現地「祈りや金銭支援を」

 

 ロシア軍によるウクライナ侵攻を受けて、ウクライナの歴史や文化を知るトークイベント「Voice of Ukraine ~きく、しる、平和をいのる~」(主催・多文化ネットワークfuふ!沖縄)が3月12日、沖縄市産業交流センターで行われた。

 ウクライナ出身で沖縄県在住のアラ・コバルチュークさんが故郷の現状や歴史背景を解説した他、ウクライナに住む男性とビデオ通話で会場をつなぎ、参加者は現地の様子や人々の思いについて直接質問を投げかけた。

コバルチュークさん「ウクライナは独裁者を求めていません」

アラ・コバルチュークさん

 コバルチュークさんは、ウクライナの主要港湾都市・オデッサの出身で、首都キエフにも9年間住んでいたことがある。

 「21世紀において、第二次世界大戦のようにロシアが爆撃をしてきたことが、とても信じられませんでした。現在でもこんなことが起こるなんて。産婦人科医院も爆撃をされているひどい状況です」と、祖国の現状に降りかかる惨状に怒りも悲しみもあふれ出す。

 「プーチンはウクライナを獲得したいのでしょうが、どんな国に住みたいかは国民自身が決めることです。ウクライナは独裁者を求めていません。ソ連時代には戻りたくありません

ウクライナ国内とビデオ通話で質疑応答

 ロシア国境に近いウクライナ第二の都市・ハリコフに住むミコラ・デニソフさんが、ビデオ通話で会場からの質疑を受けた。以下、一問一答。

スクリーン上で会場とつながるミコラ・デニソフさん

Q.現状が悪化する心配はありますか?

A.軍事施設があるので「ウクライナ軍に守られている」という安心感はあります。ウクライナの中でもロシア系住民が多く、ロシア軍はハリコフを重要視しているでしょう。

Q.逃げようと考えたりはしますか?

A.思いません。家族、特に高齢者などがここにいます。私たちには守るべきコミュニティがあるので、逃げることはできません。

Q.子どもや妊婦もやられています。原発もやられています。ウクライナの人たちは逃げられる状況ですか?

A.国際社会に支えられて、戦争は膠着状態にあります。核施設を(放射能の影響が出るまで)攻撃することはあまり考えられません。そうなると第三次世界大戦が始まってしまうでしょう。ロシアが何らかの口実で核兵器を使わないように望んでいます。

Q.日本に住む私たちには何ができるのでしょうか。

A.まずは祈りをささげてください。あとは募金です。金銭的な部分での支援をお願いします。

Q.ゼレンスキー大統領に対してどう評価しますか。

A. 私たちは完全に彼を支持しています。コメディアン出身だということで、政治家としての評価を当初は下せませんでした。経済も落ち込んで失望していました。しかし今は大統領自身が先頭に立って、他国にも逃げずに勇気を見せています。私たちはヨーロッパ側に立って民主主義の国になりたいのです。今は支持率も93%となっていて、次の選挙でも続投は確実でしょう。

ロシア国境近く・ウクライナ第二の都市ハリコフの位置(Google mapsより)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  2.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…
  4.  9月11日は沖縄県知事選挙の投開票日。その日は他にも、県議補選(那覇市・南部離島選挙区)…
  5.  沖縄県の八重瀬町出身で、3人制バスケットボール(3×3)の元女子日本代表である伊集南さん…

特集記事

  1.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  2.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
  3.  コロナ禍に突入してもう2年半が過ぎた。「もうすぐコロナ禍が終わるはずだ」と希望を抱き続け…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ