沖縄在住ウクライナ女性「なぜ21世紀に戦争という原始的な手段を」

 

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まって2週間が過ぎた。沖縄県内に住むウクライナ出身者はこの状況をどう見つめているのか。「戦争が起きたということがいまだに信じられません。なぜ21世紀になってまで、理性的な話し合いではなくこんな原始的な手段に出ているのか」と話すのは、糸満市喜屋武に住むエンジニアの本間佳多倫(カタリン)さん(49)だ。ウクライナの平和を願いながら、かつては同じ国民として暮らしたロシアの人々との間に憎しみの連鎖が起きてしまわないかと案じている。

両国のルーツを抱え「こんな人はいっぱいいる」

 「私の母のルーツはロシアで、父のルーツはウクライナなんですね」。自らのルーツである両国が今、戦火を交えている状況にカタリンさんは心を痛めている。ウクライナもロシアも、同じ旧ソビエト連邦の国だ。ウクライナには昔からいろんな民族が入ってきた歴史があり、ソ連時代の公用語はロシア語ではあったものの、各民族は自分たちの言語も話しており、かつては“1つの国”の国民として仲良く暮らしてきた。

「私のように両方にルーツがある人はたくさんいます。ロシア人とウクライナ人は、母語こそ違いますが、いつも隣同士で生活していて『違う民族だ。この人は外国人だ』なんて意識したこともありませんでした」

 そんな両国民を巻き込んだ戦争。「2014年のクリミア侵攻からところどころ軍事的な小競り合いがあって不安ではありました。ただ、経済的な共存という道も図れたはずです。ウクライナは高性能の航空機が作れるし、ロシアは天然ガスなどの資源が豊富です。平和的な交換で折り合いをつけながら交渉すれば良かったんですよ」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ