やんばるラブストーリーは突然に 沖縄北部にある恋愛スポット

 
許田の集落内にひっそりと佇む「手水」

 沖縄には恋愛成就や縁結びを祈願するスポットがいくつかあるが、県北部の名護市にも世間にあまり知られていないラブロマンスにまつわる見所がある。
 良い出会いに恵まれない、最近夫婦仲・カップル仲がギクシャクしてしまっているという方にお勧めのスポットだ。北部ドライブをしながら訪れてみてはいかがだろう。

男女を結んだ「手水」

 沖縄自動車道最北のインターチェンジは名護市許田だ。許田の集落内には古くから「手水」と呼ばれている湧き水があり、現在でも綺麗な水がコンコンと湧き出ている。

 組踊の人気演目『手水の縁』が広く知られているので、なんとなく手水という言葉は耳にしたことがあるという人も多いかもしれない。組踊では唯一の恋愛もので、琉球国きっての和文学者と称される平敷屋朝敏の代表作だ。

 『手水の縁』は平敷屋朝敏によって脚色され、舞台が瀬長島になっているほか内容にも大幅な創作が加えられているのだが、実はこの許田の「手水」に伝わる昔話がオリジナルストーリーなのである。

瀬長島にある『手水の縁』の碑

 内容はこうだ。

 その昔、名護の許田にたいへん美しい娘がいた。ある日娘が泉で水を汲んでいたところ、首里の侍が通りかかり娘に水を一口飲ませてくださいとお願いした。

 娘は柄杓を用いて水を渡そうとしたが、侍は「ぜひあなたの手で水を汲んで飲ませて欲しい」と伝えた。娘は会ったばかりの人に対してそんな事はできないと断ったものの何度も懇願され、当時の身分的な立場のこともあってかついには観念し、手で水をすくい飲ませたという。

湧き出る水が男女を引き付けた

 侍は娘のその仕草と美しさに惚れ込んでしまい、首里に帰っても娘のことが忘れられず、ついには首里に呼び寄せ妻として娶り幸せに暮らしたという話だ。

 この昔話から泉がいつしか手水と呼ばれるようになり、恋愛成就や縁結び祈願に訪れる人が増え『手水の縁』の誕生へと繋がったという。

 現在は国道58号線許田交差点に橋が架かり許田集落まで迂回せずとも川を渡れるようになったが、昔は深い入り江をグルっと回ることでしか南北の行き来が出来なかった。そんな風光明媚な入り江を前にした場所に手水はあって、かつては多くの旅人の憩いの場となり喉の渇きを潤していたことだろう。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1. 前半38分、左サイドからのクロスに反応する沖縄SVの髙原直泰(奥中央)=3日、三重県のAGF鈴鹿陸…
  2. 鋭いドライブでディフェンスを抜きに行く宜保隼弥(右)=6月15日、沖縄アリーナサブアリーナ(長嶺真…
  3. FC琉球の監督に再就任し、意気込みを語る喜名哲裕監督=15日、那覇市の沖縄県体協スポーツ会館 …
  4. 前半35分、白井陽斗(中央)のスーパーゴールを祝福する野田隆之介主将(右)らFC琉球のメンバー=3…
  5. 初優勝を決め、喜びを爆発させる琉球ゴールデンキングスのメンバー=28日、神奈川県の横浜アリーナ©&…

特集記事

  1. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
  2. 試合終了後、サポーター席に駆け寄って引き続きの応援を求める喜名哲裕監督(右)=24日、沖縄市のタピ…
  3. インタビューで昨シーズンを振り返る安間志織=5月18日、那覇市内  欧州を舞台に活躍していた…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ