沖縄県系移民の渡航記録約5万件を収録 データベースを公開

 
沖縄県系移民の渡航記録を収録したデータベース

 世界各地の沖縄県系人が交流する「第7回世界のウチナーンチュ大会」が今秋開かれるのを前に、沖縄県が1900年(明治33年)から1937年(昭和12年)の間に海外へ渡った県系移民の渡航記録約5万件を収録したデータベースを公開した。世界の県系人が自身のルーツを探したり、県民が海外に移民した親戚の足跡を辿ることにより、ウチナーネットワークの継承と発展を図る。

4ヶ国語に対応、親戚一覧も

 データベースは県立図書館、ハワイ沖縄系図研究会、琉球大学の沖縄移民研究センターが協働で開発した。渡航記録は、外務省外交史料館が所蔵している「海外旅券下付表」などから県関係者を抜粋して編纂した図書「沖縄県史料 近代5(移民名簿Ⅰ)」などに基づいて作成した。

 世界各地の県系人が検索できるようにするため、日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語に対応している。名字、名前を確定すると検索が可能で、移民先、生年月日、旅券発行日、渡航目的、本籍地まで調べることができる。さらに「親戚を見る」のボタンを押すと、親戚関係にある人の一覧も表示される。

 ただ、原資料の状態等による判読不能や誤記、県史収録漏れなどで検索ができない場合もあるという。その際は県立図書館の「移民一世ルーツ調査・相談(レファレンス)サービス」の活用を勧めている。

ウチナーンチュ大会向け機運高める

第7回世界のウチナーンチュ大会の特設サイト

 ウチナーンチュは1990年の第1回大会から概ね5年に1回のペースで開催されており、今年で7回目となる。10月30日から11月3日に開かれ、国際通りでのパレードや市町村ごとでの交流イベント、沖縄セルラースタジアムでの開閉会式などが予定されている。

 一方、県内では新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、実行委員会は国の出入国制限の実施状況や国内外の感染状況、催物の開催制限などを踏まえ、各イベントの実施可否、規模、一部オンライン開催への切り替えなどについて「慎重に見極めていく」としている。

 玉城デニー知事は7月22日の記者会見で「データベースの活用により、世界へ渡った県系移民への県民の関心を高め、今後のウチナーネットワークの継承と発展に努めてまいります。ぜひ利用してください」と活用を勧めた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ