新世代、世界のウチナーンチュ 1)プロローグ

 

 行政や民間が強化に取り組む「世界のウチナーネットワーク」。海外に飛び立った多くのウチナーンチュとどのように協力し発展していくべきか、沖縄県のベトナム、シンガポール委託駐在員を歴任した遠山光一郎さんが世界各地のウチナーンチュを紹介していきます。


本人提供

 移民の歴史を持つ沖縄はブラジル、ペルーなどの南米とハワイ、アメリカ本土を中心に多くのウチナーンチュネットワークを持ち、ヨーロッパやアジアにも県人会としてネットークを世界中に作り上げている。南米のウチナーンチュの中心は2世や3世に受け継がれ、最近増加しているアジアでも次世代のウチナーンチュの時代がそこまで来ている。

 沖縄県は、この特別な世界のウチナーンチュネットワークを大事にしており、5年に一度「世界のウチナーンチュ大会」を開催して、世界的ウチナーアイデンティティーの継承とネットワーク強化に努めている。その願いは10月30日を「世界のウチナーンチュの日」として設定したことからも表れている。

 約42万人と言われる世界のウチナーンチュネットワーク構築のため民間や行政でもいろいろな試みがなされている。

 代表的な団体にWUBがある。WUBとは「ワールドワイドウチナーンチュビジネスネットワーク」の略で、ビジネス発展を目的に世界のウチナーンチュビジネスパーソンをつなげた団体であり、私もメンバーである。
 世界のウチナーンチュ大会を経て、世界若者ウチナーンチュ連合会も活発に活動を行っている。このコロナ禍、ネットを屈指した彼らの繋がりや活動が印象深くたくましい。

 沖縄県は日本の他の都道府県と比べて世界のネットワークが非常に強いすごい県である。県の事務所はワシントン、上海、香港、台湾、北京、シンガポール、ソウルに、駐在所は福州にあるが、それらとは別に委託駐在員という立場で県の活動をサポートする人材もフランス、オーストラリア、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナムに配置している。この素晴らしいネットワークを沖縄と各拠点を点だけでなく線で繋ぐネットワークにするには、もう一段階活動の精度を上げる必要があるのではないであろうか。

沖縄県産業振興公社HPより

 成功の鍵は英語という共通の言語強化、アイデンティティーの共有、現地の知識がある若い世代のウチナーンチュの力が必要なはずである。

 現状、大部分の沖縄県と世界のウチナーンチュのコミュニケーションは基本、日本語に頼っており、問題点は英語にある。世界のウチナーンチュも1世中心では住むエリアにより英語が話せない、あまり流暢でない状況もある。この英語の問題は世代が若くなるにつれてハードルが低くなる。

 このコーナーを通して、様々な分野の国や地域の若い新世代の世界のウチナーンチュ達を英語で取材し、紹介していきたい。 取材を通して、その国の実情やウチナーンチュの状況や考え方を学び、今後の沖縄県とこのかけがえのない世界のウチナーンチュネットワークとの更なる交流及び沖縄県と世界との発展のために、すべきことのヒントを探っていきたい。

Print Friendly, PDF & Email

遠山光一郎

投稿者記事一覧

コンサルタント、OTS Global取締役。シンガポール在住。コザ出身。
高校までは赤点を量産していたが、なんとか沖縄国際大学に入学し、卒業。シンガポール国立大学院修士課程卒業。その後は、ベトナム駐在事務所設立業務、大手総合商社とメガバンクシンガポール支店勤務、チャンギ空港及び主要モールへ小売出店業、東証一部上場企業のシンガポール取締役として文化遺産会場管理運営等を経験。沖縄県ベトナム、シンガポール委託駐在員も歴任し、沖縄とアジアの直行便就航業務に関わる。

インスタグラム(@koichirotoyama_okinawan)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ