「沖縄が1番大好きな場所」沖縄出身俳優・尚玄のこと 女優・柴田千紘の沖縄めぐり

 
映画『JOINT』のポスター

 旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう紀行日記。今回は柴田さんの俳優仲間/先輩で沖縄出身の尚玄さんにインタビューを敢行。出演作品を桜坂で観た柴田さんの感想は如何に。


 1月9日に桜坂劇場に久しぶりに映画を観に行った。最後に桜坂劇場で観た映画は佐近圭太郎監督の『東京バタフライ』。そして私の今年初観賞となった映画は小島央大監督の『JOINT』。

 この両作品に出演しているのが、沖縄出身の俳優・尚玄です。

尚玄さん

 私も映画にたまに出演したり映画祭に行ったりで、映画関係の人に会うことは多いのですが、尚玄と一番最初に会ったのは共通の沖縄の友人を介してだったかも。友人と私がルームシェアしていた時期だったからもう10年前くらいになりそうです。

 たぶんその10年の間も尚玄はこの映画界を濃密に駆け巡っていたでしょうから、気ままにその界隈に参加する私みたいなもんとも偶然鉢合わせることがありました。東京、奈良、ドイツでも。最近沖縄関連の映画が撮影中とか上映中って聞くと必ずといっていいほど尚玄の名前があります。

ドイツのハンブルク映画祭でいつも開いてくれる領事館パーティーにて(2019年)

 俳優でいろんな役をストイックにやるのに、誰にでも優しくてフレンドリーで友人が多いイメージ。東京の現場でも、ハリウッド関係の作品でも、スタッフさんやキャストと仲良くなって話すと皆大抵この沖縄出身の俳優を知っている。

 「尚玄のこと嫌いって言う人聞かないよね」って昔誰かに言われて確かに、と思った記憶があります。 

 あの人も知ってる、ここも繋がってる、というようなことが本当によくあるので皆さんにも是非ググってチェックしてほしいです。知ってる作品があると思います。もしくは多分、友達の友達かもしれません。

 沖縄で生まれ育った尚玄は大学で東京に出て、知り合いのツテでモデルの仕事から始めましたが、子供の頃から俳優をやる夢をもっていたと言います。

 俳優としての映画デビュー作になる『ハブと拳骨』は戦後の沖縄を描いた作品で、三線弾きの主役を務めた。元々三線を弾いてきたわけではないので、この作品のために1年以上かけて練習して、民謡を歌うために沖縄の方言も勉強したらしい。

映画『ハブと拳骨』ポスター

 去年の11月にも沖縄の戦後の傷跡が残る南部が舞台の、ある作品に入っていて、その役が発するとても大切な台詞と向き合ったのだそう。沖縄題材の作品でそういった出会いがあると「沖縄人である自分が魂を乗せてその台詞を言う使命感のようなものを感じる」と話していました。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ