琉球、江戸、アメリカにまで影響を与えた一人の男「ジョン万次郎」

 
洋服姿の万次郎が降り立った小渡浜

帰郷のため糸満に降り立つ

 中国行きの大型商船に乗り、琉球近海で小型船に乗り換え上陸したのが摩文仁間切の「小渡浜」(現在の糸満市大度・ジョン万ビーチ)だった。

 当時薩摩の支配下にあった琉球においても外国船の漂着等については厳重な監視が敷かれており、万次郎たちも長期にわたる取り調べ及び幽閉処置を受けた。しかし幽閉とは表向きであり、実際は豊見城間切翁長の高安家に居候するような形で村民とも触れ合い、地域の綱引きなどにも参加していたという。

 現在も高安家は代々に渡って万次郎の子孫の方々と交流を続けている。また高安家の近くにはジョン万次郎記念碑も建っている。

万次郎はこのヒンプンを軽く飛び越えたという逸話も残る

 琉球に上陸した頃の万次郎は長年のアメリカ生活で日本語がたどたどしくなっており、英語に精通した琉球王府の官僚・牧志朝忠が取り調べを行なった。牧志は万次郎が持ち帰った『ジョージ・ワシントン伝記』に深く興味を持ち、その本からアメリカの民主主義制度や人権の尊重など西洋文化を大きく学ぶことになった。

 このことが後の琉球における行政改革にも大きく関わっていくだけでなく、来琉したペリーが牧志のアメリカに対する豊富な知識に驚き、国家を跨いだ交渉の駆け引きにも大きな影響を与えたと言われている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ