琉球、江戸、アメリカにまで影響を与えた一人の男「ジョン万次郎」

 
洋服姿の万次郎が降り立った小渡浜

帰郷のため糸満に降り立つ

 中国行きの大型商船に乗り、琉球近海で小型船に乗り換え上陸したのが摩文仁間切の「小渡浜」(現在の糸満市大度・ジョン万ビーチ)だった。

 当時薩摩の支配下にあった琉球においても外国船の漂着等については厳重な監視が敷かれており、万次郎たちも長期にわたる取り調べ及び幽閉処置を受けた。しかし幽閉とは表向きであり、実際は豊見城間切翁長の高安家に居候するような形で村民とも触れ合い、地域の綱引きなどにも参加していたという。

 現在も高安家は代々に渡って万次郎の子孫の方々と交流を続けている。また高安家の近くにはジョン万次郎記念碑も建っている。

万次郎はこのヒンプンを軽く飛び越えたという逸話も残る

 琉球に上陸した頃の万次郎は長年のアメリカ生活で日本語がたどたどしくなっており、英語に精通した琉球王府の官僚・牧志朝忠が取り調べを行なった。牧志は万次郎が持ち帰った『ジョージ・ワシントン伝記』に深く興味を持ち、その本からアメリカの民主主義制度や人権の尊重など西洋文化を大きく学ぶことになった。

 このことが後の琉球における行政改革にも大きく関わっていくだけでなく、来琉したペリーが牧志のアメリカに対する豊富な知識に驚き、国家を跨いだ交渉の駆け引きにも大きな影響を与えたと言われている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ