見どころしかない!世界自然遺産の息吹感じる「やんばるアートフェス」16日まで

 
「THE SNOWFLAKES」の作品『sync』

 国内外の第一線で活躍する多数のアーティストの作品が展示・発表される『やんばるアートフェスティバル 2021-2022』(YAF)が、大宜味村の旧塩屋小学校をメイン会場に1月16日まで開催されている。

 5回目となる今回のキャッチフレーズは「君知るや やんばる」。総合ディレクターの仲程長治さんは沖縄本島北部がユネスコ世界自然遺産に登録されたことに触れつつ、「YAFという生命体もまた、やんばる固有の環境や文化、この地を訪れる人と迎え入れる人との出会いといった多彩な『個性のつながり』によって育まれた」とコメントを発表している。

気鋭アーティストの作品が多数

谷本研さんの作品『やんばる旧小学校々歌八景』

 会場は旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)をメインに、同村役場旧庁舎、オクマプライベートビーチ&リゾート、辺土名商店街、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ、カヌチャリゾート、名護市民会館前アグー像の複数箇所に多様な形で作品が展開されている。

 エキシビション部門の参加者には、女優・創作あーちすととして活躍するのんさんや、大胆な表現で社会に問題提起する作品を発表するアーティスト集団のChim↑Pom、世界的に活躍する現代美術家・奈良良智さんが発案者となって結成されたTHE SNOWFLAKESなど、24組の気鋭のアーティストの名前が並ぶ。

体育館は視界に海が飛び込む造りになっている

 受付も兼ねるメイン会場の旧塩屋小の体育館は、ガラス越しに海を望める不思議な造りが目を引く。ステージ上にやんばる地域で廃校になった8つの小学校の歌詞を風景画に入れ込んだ迫力満点の巨大イラストが掲示されており、来場者を出迎える。入り口では新型コロナウイルス感染対策のため、問診票の記入が必要だ。

曳野真帆さんの作品『郷愁』
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ