見どころしかない!世界自然遺産の息吹感じる「やんばるアートフェス」16日まで

 
「THE SNOWFLAKES」の作品『sync』

 国内外の第一線で活躍する多数のアーティストの作品が展示・発表される『やんばるアートフェスティバル 2021-2022』(YAF)が、大宜味村の旧塩屋小学校をメイン会場に1月16日まで開催されている。

 5回目となる今回のキャッチフレーズは「君知るや やんばる」。総合ディレクターの仲程長治さんは沖縄本島北部がユネスコ世界自然遺産に登録されたことに触れつつ、「YAFという生命体もまた、やんばる固有の環境や文化、この地を訪れる人と迎え入れる人との出会いといった多彩な『個性のつながり』によって育まれた」とコメントを発表している。

気鋭アーティストの作品が多数

谷本研さんの作品『やんばる旧小学校々歌八景』

 会場は旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)をメインに、同村役場旧庁舎、オクマプライベートビーチ&リゾート、辺土名商店街、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ、カヌチャリゾート、名護市民会館前アグー像の複数箇所に多様な形で作品が展開されている。

 エキシビション部門の参加者には、女優・創作あーちすととして活躍するのんさんや、大胆な表現で社会に問題提起する作品を発表するアーティスト集団のChim↑Pom、世界的に活躍する現代美術家・奈良良智さんが発案者となって結成されたTHE SNOWFLAKESなど、24組の気鋭のアーティストの名前が並ぶ。

体育館は視界に海が飛び込む造りになっている

 受付も兼ねるメイン会場の旧塩屋小の体育館は、ガラス越しに海を望める不思議な造りが目を引く。ステージ上にやんばる地域で廃校になった8つの小学校の歌詞を風景画に入れ込んだ迫力満点の巨大イラストが掲示されており、来場者を出迎える。入り口では新型コロナウイルス感染対策のため、問診票の記入が必要だ。

曳野真帆さんの作品『郷愁』
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1. 試合後の挨拶で声を詰まらせる琉球コラソンの東江正作監督=2月23日、那覇市の沖縄県立武道館(長嶺真…
  2.  公立大学法人名桜大学(名護市、砂川昌範学長)と、沖縄本島北部の新テーマパーク事業…
  3. 屋那覇島 2015年著者撮影  34歳の中国人女性が「私が買った」とSNSにアップしてから、…
  4. 沖縄本島北部の伊是名村に属する無人島・屋那覇島。周囲は浅瀬で、エメラルドグリーンの海が広がっている…
  5. 座間味島付近の上空で目撃された白い球体=2022年4月28日午前(山本拓海さん提供)  偵察…

特集記事

  1. 練習中も大会本番と変わらない気迫で形を打つ喜友名諒=2022年11月撮影  東京五輪で初採用…
  2. 下地島空港  今年1月、在沖米海兵隊が人道支援・災害救援を目的とした訓練のため宮古島市にある…
  3. OTS台北事務所の與那覇正雄所長=1月9日、台北市内  昨年6月に訪日観光客(インバウンド)…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ