見どころしかない!世界自然遺産の息吹感じる「やんばるアートフェス」16日まで

 
「THE SNOWFLAKES」の作品『sync』

 国内外の第一線で活躍する多数のアーティストの作品が展示・発表される『やんばるアートフェスティバル 2021-2022』(YAF)が、大宜味村の旧塩屋小学校をメイン会場に1月16日まで開催されている。

 5回目となる今回のキャッチフレーズは「君知るや やんばる」。総合ディレクターの仲程長治さんは沖縄本島北部がユネスコ世界自然遺産に登録されたことに触れつつ、「YAFという生命体もまた、やんばる固有の環境や文化、この地を訪れる人と迎え入れる人との出会いといった多彩な『個性のつながり』によって育まれた」とコメントを発表している。

気鋭アーティストの作品が多数

谷本研さんの作品『やんばる旧小学校々歌八景』

 会場は旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)をメインに、同村役場旧庁舎、オクマプライベートビーチ&リゾート、辺土名商店街、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ、カヌチャリゾート、名護市民会館前アグー像の複数箇所に多様な形で作品が展開されている。

 エキシビション部門の参加者には、女優・創作あーちすととして活躍するのんさんや、大胆な表現で社会に問題提起する作品を発表するアーティスト集団のChim↑Pom、世界的に活躍する現代美術家・奈良良智さんが発案者となって結成されたTHE SNOWFLAKESなど、24組の気鋭のアーティストの名前が並ぶ。

体育館は視界に海が飛び込む造りになっている

 受付も兼ねるメイン会場の旧塩屋小の体育館は、ガラス越しに海を望める不思議な造りが目を引く。ステージ上にやんばる地域で廃校になった8つの小学校の歌詞を風景画に入れ込んだ迫力満点の巨大イラストが掲示されており、来場者を出迎える。入り口では新型コロナウイルス感染対策のため、問診票の記入が必要だ。

曳野真帆さんの作品『郷愁』
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ