キムタツコラム①沖縄の高校生に無料で英語を教えている理由

 

 その頃、昭和薬科大学附属高校や興南高校といった沖縄の高校から講演の依頼を受け始めていた僕は、沖縄の教育事情が他県のそれとは大きくことなることをウチナーンチュの先生方から聞かされていた。沖縄には進学校がないこと。沖縄には塾が乱立していること。全国学力テストの成績が著しく低いこと。しかし、だからと言って僕になにかできるわけではないので、講演に招いてくださった学校の先生方には簡単なアドバイスを送ってはいたが、逆に言えばそれしかできず、もどかしさを感じ始めていた頃だった。

 再度書く。前川君の言葉が心のど真ん中に突き刺さった。

 僕は2015年に「NPOおきなわ学びのネットワーク」を立ち上げ、興南高校の我喜屋優先生に理事長をお願いし、宮城歩先生に事務局長をお願いして快諾を得た。僕は年に数回の無料勉強会を開催するようになり、県内の学校から呼んでいただけるようになった。首里高校、那覇高校、名護高校、西原高校、普天間高校、那覇西高校、北谷高校、浦添高校、読谷高校、北中城高校、知念高校、八重山高校、那覇国際高校、開邦高校…子どもたちに学びの大切さを、そして理由を話してまわるようになった。コロナが始まるまでは。

 阪神淡路大震災がなければ、そして東日本大震災がなければ、前川君は福島に移住をしていなかっただろう。上述の前川君との会話はすべて無かったこととなり、したがって僕が沖縄で活動することもなかっただろう。これからこのご縁がどのように進化し、深化していくのか、僕自身にもわからない。しかし、確実に言えるのは、灘校で勤めていた頃とは段違いに時間ができた僕が、今までの人生で一番長い時間を沖縄で過ごすであろうということであり、その中で素敵な経験を素敵な人たちとできればいいなと思っている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

木村 達哉

投稿者記事一覧

作家、関西学院大学フェロー、新潟産業大学客員教授、NPOおきなわ学びのネットワーク理事。オリジン・コーポレーション所属。2021年3月まで灘中学校・高等学校教諭。奈良県出身。沖縄で愛犬さくらと一緒に年の3分の1ほどを過ごし、県内の学校や教育機関で英語授業や講演を行う。
趣味はゴルフ。そのわりに90を切ることができずに苦しんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ