琉球大の涙と笑顔のラストゲーム 大学野球選手権南部九州ブロック決勝

 

最高の笑顔で宙を舞う

 宮城政也監督は「打撃の成長は著しかった。サインどうのこうのではなく、シンプルに出塁するにはどうしたらいいのか、自分たちで自由に考えてやっていた」と選手の成長を喜んだ。

 9回最後の場面を振り返ってもらうと「一生懸命やることは無条件で感動する。生徒たちは凄いなと。大塚が何かもっている力があるのかもしれないけど、こんな場面を引き出してくれるとは。改めてスポーツの良さ、力を見せてもらった」と答える。監督の目にもうっすら涙が浮かんだ。

 試合後しばらくして、大塚選手に笑顔が戻った。
 「最後の最後、2死から繋がるなんて。もう一回打席がまわったらどうしようとも思っちゃった。何事も諦めずにやりきる。諦めなかったら勝つこともあると学んだ。大学では好きなことやろうと思ってここまで続けた。就職しても野球をやりたい。緊張感のある中でやりたいと思う。だって野球が好きだから」
 表彰式後には後輩達に胴上げされ、最高の笑顔で宙を舞った。

大塚脩太選手を後輩たちが胴上げ

琉 球 大:010 000 402|7
宮崎産業大:005 230 20×|12

投手
琉:井樫、秋好、田中
宮:河野、安部、岩切

2塁打
琉:大塚、青山
宮:鬼塚

3塁打
宮:寳田

盗塁
宮:寳田、岩切、松山

*九州地区大学野球選手権南部九州ブロック準決勝はこちらも参照
https://hubokinawa.jp/archives/10523)

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ