新世代、世界のウチナーンチュ 7)ボリビア県系3世、NY在比嘉成美さん

 

 また、 ボリビア以外の国出身者で日本語ができる若者が少なかったため「ボリビアの日系人がスペイン語も日本語もできることは凄いこと」と比嘉さんは感じたが、同時に会議の共通語だった英語ができなかったことで恥ずかしく、悔しい思いもした。

ルーツをたどって沖縄国際大学へ

 様々な国籍のウチナーンチュとの交流で、自分もウチナーンチュなんだと実感できたが、同時に「ウチナーンチュだけど沖縄について多くのことを知らないことに気づいたし、自身が日本人なのか、ボリビア人なのかもわからなくなった。よりアイデンティティについて考えるきっかけにもなった」と比嘉さんは振り返る。

 自身のルーツのある沖縄に行くことを考え、2016年、大学を休学して沖縄県費留学で沖縄国際大学に留学した。日本語と沖縄の文化や歴史のコースを受講するが、比嘉さんの日本語はすでに問題がなかったため、それと同時に、聴講生として興味がある科目も受講した。 

 ウチナーンチュなら生まれた場所は関係ないとみんなからとても親切にされ 「自分はウチナーンチュだと思っていいんだ」と、居場所を見つけたような気がした。

悔しさバネにカナダで英語力強化

 帰国しても、CAになるという夢実現のために親を説得し、再度ボリビアを飛び出した。カナダのトロントで2018年から約2年間、英語を鍛えるためワーキングホリデーで旅行会社に勤めたり、ボランティア活動を行う。 苦手だった英語もTOEIC受験して800点台の点数を得るまでになる。フィリピンの若者ウチナーンチュ大会で経験した、英語ができずに恥ずかしかった気持ちをバネにして素晴らしい成長を見せた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ