沖縄県内商業地、上昇率全国5位 コロナで上げ幅縮小

 

 沖縄県は21日、公共事業用地の取得価格算定や相続税、固定資産税評価の目安として用いられる2021年県内基準地地価調査結果(7月1日時点)を発表した。県内商業地の上昇率は、昨年比0.7%で全国5位。住宅地は同1.6%、工業地は同12.1%で、いずれも昨年に引き続き全国1位だった。

 今回の調査では、新型コロナウイルスの影響により、全国で商業地が上昇したのは沖縄、宮城、千葉、神奈川、愛知、福岡の6県。住宅地で上昇したか横ばいだったのは、沖縄、北海道、宮城、東京、石川、愛知、福岡など9都道県にとどまった。

 地価公示分科会代表幹事の濱元毅不動産鑑定士は、多くの都道府県で地価が下落する中、沖縄は上昇していることについて「商業地や工業地のポテンシャルの高さが評価されており、コロナ収束後の回復に向けた期待値は大きい」とした。

 住宅地では、那覇新都心など高価格帯の場所は変動がなかったものの、宜野湾市や西原町、北中城村など値ごろ感がある場所に需要が移ったため、全体では上昇となったという。コロナ禍で世帯収入は下がったが持ち家率は全国一低く、需要が強いことも作用した。

 ただ、上昇率は商業地で昨年から5.5%、住宅地では2.4%、それぞれ縮小した。縮小幅は全国最大で、新型コロナが県経済に与えた影響の大きさをうかがわせた。一方、工業用地は需要に比べ供給が少ないことから、昨年から上げ幅を0.5%拡大した。

商業地最高価格は下落

 県内での最高価格地点は、商業地は31年連続しての「那覇市松山1丁目1番4」で、価格は1平方メートル当たり125万円。変動率は、19年の37.3%上昇、20年の15.5%上昇から、今年は1.6%下落に転じた。住宅地は5年連続して「那覇市天久2丁目11番9」で33万円。昨年の8.2%上昇から、今年は横ばいとなった。

31年連続で県内商業地の最高価格となっている「松山1丁目1番4」=21日、那覇市

 県内で商業地、住宅地とも平均価格が最も高い那覇市では、商業地平均で0.4%の下落(昨年は10.2%上昇)となったほか、住宅地平均でも0.6%上昇(同6.8%上昇)にとどまっている。

 同市の商業地では、県が調査した19地点の中で上昇したのは1地点のみ。12地点は横ばいで、6地点では下落した。観光の影響を受けやすい国際通りや松山地区、首里城などに近い地点では1~2%下落した。下落した6地点の変動率は、新型コロナの影響を受ける以前の19年は9.7%~50.3%の上昇だった。

市町村別上昇率、宮古島市と西原町がトップ

 市町村別で最も高い上昇率は、商業地平均は宮古島市(4.6%)、住宅地平均は西原町(6.3%)だった。宮古島市は、コロナ収束後の観光需要回復を見越して島内外の投資意欲が高く、商業地の供給が限られていることから上昇が続いているという。

 西原町の住宅地は、もともと人気があるエリアだったことに加え、19年に開業したモノレール「てだこ浦西駅」周辺での開発計画に期待が高まったことが、上昇の理由とみられている。

 県内の基準値地点数は41市町村の284地点(住宅地193地点、宅地見込み地5地点、商業地77地点、工業地5地点、林地4地点)で、前年と同数だった。

(記事・写真・図 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ