シルクドゥソレイユからオクラ栽培に大転身 舞台と農家の共通点

 

 縄跳びをしながらアクロバティックなアクションで観客を魅せる「ダブルダッチ」。
 宜野湾市出身のMASA(本名:橋本昌和)さんは、この技を極め、世界的なエンターテインメントであるシルク・ドゥ・ソレイユの一員として、各国を興行で回った。しかし、コロナ禍で状況が一変、現在は新しい分野であるオクラ農家として日々精を出している。
「掛けた時間と努力の分だけ返ってくるのは、ステージも農家も一緒です」と言い切る彼の、逆境に立ち向かうマインドとは。

収穫時期を迎えたオクラを手にしながら=南城市玉城中山の畑

帰宅部からの日体大

 MASAさんは全国から学生アスリートが集結する、名門の日本体育大学の出身である。エンタメ系の競技とは言え、高校までに培った基礎的なスポーツ能力があるのだろう…と思いきや。

「いやもう高校の時は帰宅部で」

ただ、好きな教科が体育だった。

体育大学の入試は、実技が大きなウェイトを占める。

「実技に‘100m走’があったんですけど、走力にあまり自信が無くて。そしたら当日雨が降って、立ち幅飛びに変更になったんですよ。中学の時はバスケ部に所属していて、跳躍力はあったのでクリアですよね。そしたら今度は、マット運動が待ってるんですけど、これも中学の時に遊びでやっていました。それで合格です!『合格できないだろう』という声にナニクソという気持ちはありました」

 この強運と、風まかせのバイタリティで日体大に入学。漠然と何か目的が見つかれば良いという18歳らしい心持ちであった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ