「誰のための観光なのか」 これからの沖縄観光に必要なこと①

 
今年3月頃の那覇空港

 ―やはり財源確保の点からは宿泊税は避けて通れない。

常井:避けて通れません。観光の消費額の中では宿泊が大きな割合を占めていので、宿泊税が一番良い手段なんです。今は我々の税金で地域や街づくりの財源を賄っている状態です。その資源は、観光で沖縄を訪れた人たちも使います。そうすると、平たく言えば地元住民が出している税金は、観光客など地域住民以外の人たちのためにも使われている。しかし、そもそも税金はその街の人たちの生活を良くするためのものです。
 地域の資源を使って楽しむのであれば、それに対してもお金を払います、というのは観光客の責任としてあるべき姿なのではないかと思います。

観光地であり、住んでいる街でもあるギャップ

 ―ボランティアでガイドをしている稲福さんは、地域を回っていて感じることはありますか?

稲福政志さん(以下、稲福):僕は直接的に観光の仕事をしているわけではなくて、ただ好きでガイドをしている立場ですが(笑)案内をしていて「誰のための観光なんだろう」と思うことがよくあるんです。

 僕は生まれ育ちが首里です。今でこそコロナですごく静かになっていますが、観光最盛期には狭い道を修学旅行のバスが何台も連なって渋滞が起きたり、その影響で救急車が通れなくなったりもしてました。さっきも出ましたが、正にオーバーツーリズムで、その街に住んでる人が嫌になってしまうという状況です。そのほかにも、僕が幼稚園くらいの時にはいわゆる「街のスーパー」もいくつかありましたが、観光関連の整備が進んで今はコンビニしかなくなってしまい、買い物をするために割と遠くまで行かなければならなくなったという変化もあります。

 じゃあ一方で、観光地としての首里に来た人たちが楽しんでるかと言うと、そうでもないんです。例えば首里城で修学旅行の生徒たちが、ガイドの話を“聞かされている状態”をたびたび目にします。「沖縄だからとりあえず首里城」みたいに、ツアーに組み込まれているから漫然と来ている感じで。身の回りの県外の人でも「修学旅行で沖縄行ったけどあんまり覚えていない」という人も結構いるんですよね。それって行く意味あるのかな、と思ってしまいます。
 観光地であり、同時に僕たちにとっては住んでいる場所でもあるというギャップがあって、そこの折り合いがうまくついているとは言い難いです。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ