沖尚高生、動物愛護に寄付 殺処分問題校内で訴え 学生団体FUTURE

 

保護動物問題「見て見ぬふりが出来ないほど深刻化」

 沖縄県は、犬・猫の殺処分数で過去に全国ワースト1位になるほど、全国平均より高い。年々、その数は減少しているものの、人知れず失われている命が多くあるのが現状である。

 沖縄県動物愛護管理センターによると、2017年度に保護された猫は1254匹、うち殺処分された猫は1056匹で殺処分率は84.2%。行き場のない猫は、保護されて5~10日後には二酸化炭素ガス室での処分が行われ、何の罪もない命たちが、苦悶の中死んでいく。

  甲斐さんは「当たり前のように私たちは過ごしているのに、私たちと何も変わらない1つの命なのに」と現状に衝撃を受けた。

保護された子猫(同団体提供)

 猫は一般的に、年に3回妊娠し一度に平均4〜6匹の子猫を出産するが、沖縄では飼い猫の去勢・避妊手術をせずに放し飼いをした結果、飼い主が気付かないうちに妊娠出産してしまい、驚いた飼い主が子猫を捨てることも多いという。

 野良猫が作物や家畜に損害を与えるなどによる苦情も多い。甲斐さんは、他にも鳴き声やふん尿、ゴミあさり、死骸回収のコスト面などを挙げながら「保護動物問題は私たち人間が作り出してしまった問題にも関わらず、長い間放置されている。今や見て見ぬふりが出来ない程深刻化している」と指摘、解決を訴えている。

■関連リンク
学生団体FUTUREホームページ

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住5年、2児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ