0歳の娘を育てながら大学院に通う玉城円さん 妊娠中に受験

 

 今では半数以上の家庭が共働き世帯だ。それでもほとんどの家庭では女性が家事や育児の多くを担っている。女性のライフステージにおいて、仕事ありの結婚女性のうち、第1子出産時の女性約3割が離職しているという。仕事と育児の狭間で、仕事と子育てにどう向き合っていくべきか、多くの女性が悩んでいる中、妊娠や出産を機に会社員からフリーランス、起業への道を選んだ女性や育児をしながら新たな挑戦をした女性にスポットを当て、連載で紹介していく。


0歳児の娘を育てながら大学院に通う玉城円さん

 今回は、0歳児の娘を育てながら、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科(東京都)で社会人大学院生として研究や社会課題に取り組んでいる玉城円さん(34)=沖縄市=を紹介する。妊娠中に受験を決意し、社会人試験に合格した。夫や家族に支えられながら、研究と家事育児、仕事を両立する生活を送っている。進学を決意した理由や生活について話を聞いた。

研究テーマは「NPO法人」と「地域の相互扶助」

 円さんが大学院で研究しているテーマは「NPO法人の誕生によりもたらされた地域の相互扶助のあり方の変化と影響(仮)」。今月上旬に研究状況報告会が行われ、修士論文の題目が仮で決まった。

 1998年の特定非営利活動促進法制定以降、沖縄でも多くのNPO法人が認証され、社会的課題の解決を担ってきた。円さんは、来年で本土復帰50年の節目を迎える沖縄において、戦前戦後から続く地域自治組織の役割や、戦後はどのような主体が社会課題の解決を担っていたのかなど先行研究を行う。また、NPO法人との並存、共存についても比較分析し、調査を進めていく予定だ。

妊娠中に決めた進学、4月から大学院生ママに

 円さんは、那覇市出身で沖縄国際大学卒。東京都や沖縄県内のNPO法人で、まちづくりやキャリア支援などをテーマに約13年間活動してきた。2019年に結婚し、大学院受験を決意したのは、妊娠中だった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ