休業・時短要請を継続 緊急事態宣言の再延長で

 
会見で発言する玉城デニー知事=8日夜、県庁

 玉城デニー知事は8日夜、県庁で会見を開き、8月22日までの緊急事態宣言の再延長を踏まえた県の対処方針を発表した。飲食店への休業・時短要請や、県外からの来県自粛要請などは継続となった。会見では、県が「まん延防止等重点措置」への移行を求めた同じ日に国が宣言の延長を決めたことについて、記者団からの質問が相次いだ。

 県は7日、緊急事態宣言の期限だった11日を前に対策本部会議を開き、宣言を「まん延防止等重点措置」に移行するよう求めると決定。玉城知事が、西村康稔経済再生担当相に県の意向を伝えた。ただ、その数時間後には国が沖縄の宣言を6週間延長する方針を固めている。

 記者団から出た「(国と県が行う)事前の打ち合わせがうまくいっていれば、こういったことはなかったのではないかとの質問に対し、玉城知事は「県がこういう方向で行きたいという情報は、しっかり政府に伝わっていると思う」と述べた。

 その上で、「最終的には政府の方で、感染拡大の状況やデルタ株の置き換わり、各地域の状況などを、総合的に判断しての発表だと思う」との認識を示した。

 再延長を納得したのかとの質問には「(政府が)どのような判断になるかは、楽観視できない状況だった」と指摘。状況に改善が見られた場合には期間内でも措置を解除できるとの政府方針が新たに示されたことや、沖縄に向かう出発地で無料PCR検査を実施するとしたことなどを一定程度、評価する姿勢を示した。

 会見で、県は緊急事態宣言の解除に向けた具体的な目標について、1週間当たりの新規感染者数を365人未満に、療養者数を438人未満にし、ともに国基準でステージ3にすることを挙げた。

 玉城知事は、「できれば7月いっぱいで目標に達することができれば、非常に良いのではないか思う。これは個人的な希望です」と語った。

観光業界から悲痛な声 再延長の撤回要請

照屋副知事(左から3人目)に要請文を手渡す下地会長(4人目)ら=8日、県庁

 県が緊急事態宣言の再延長を受けて対処方針を発表する一方、沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長らは8日午後、県庁に照屋義実副知事を訪ね、再延長を撤回して「まん延防止等重点措置」に移行するよう強く要請した。

 要請文では、「再延長方針を受けて、観光関連業界は、これまで以上に、さらに厳しい状況に追い込まれ、甚大な影響を受けることになる」と、観光産業の苦境を訴えている。

 参加者からは、「飲食店の皆さんから、昨日からずっと電話が入り、自分の心が完全に折れてしまったと。そういう部分でも、何とか沖縄県の方も、強い撤回の要請をしてほしい。観光業界全体の気持ち」との悲痛な声が挙がった。

 また「観光団体が一緒になって、サービス安全安心を徹底的にやってきているつもり。その努力が全く無にされている。必死の思いでやってきているのを砕かれている状態。そもそも、なぜこういう状態が起こっているのかというのを、きちっと県も国も含めて説明してほしい」との意見も出された。

 下地会長は、記者団に対して「経済界のメンバーは県と意見交換をし、(医療従事者の)県専門家会議でもまん延防止等重点措置に移行するのが妥当だということだった。そのことが国に伝わった段階で、マスコミを通じて単純に延長だと、それも東京と同じ8月22日だと。そのことの意味は全く分からない」と憤りをあらわにした。

 要請を受けて、照屋副知事は「しっかり(政府に)伝える。県民の声だと」と述べた。ただ、玉城知事は夜の会見で、要請について「状況は報告を受けている。部局に対して、要請をしていただいた方々に政府や県の対処方針の内容を伝えて、早期に(感染や医療の状況を)改善できるよう頑張っていく旨の協力をしていただくようにということで、指示を出した」と述べた。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ