中部病院クラスター 公表遅れで「県から会見中止のメール」県は指示否定

 

 うるま市の県立中部病院(玉城和光院長)で、ことし5月24日から6月17日にかけて、新型コロナウイルスの感染者51人、うち死亡者17人を出すクラスターが発生したことを6月30日、県が公表した。同日の県議会一般質問で、照屋守之氏(沖縄・自民)に対して大城玲子保健医療部長が答弁した。これを受けて県立中部病院は翌7月1日に同病院で記者会見を開き、発生当初から1カ月以上も経った公表について玉城院長は「病院側としては公表の必要があるという認識だった。6月11日にオンライン記者会見をする予定だったが、前日に県から、会見を取りやめるという趣旨のメールが届いた」と説明した。

 一方で県は、中部病院の会見後にあった地元紙の取材に対し「会見をやめさせる意図ではなく、コミュニケーションに齟齬があった」と説明し、隠ぺいの意図を否定した。

 6月30日の県議会一般質問で、大城保健医療部長は「毎日のブリーフィング(記者発表)で発生情報を公開している。病院名や施設の名前では公表しておらず『本島中部の病院で発生した』と公表している」と述べた。結果として、中部病院の名称は発表されていなかったことになる。

 会見には玉城院長、橋口幹夫、前田純子両副院長、感染症内科の椎木創一医師が出席した。会見で玉城院長は「6月8日に、県病院事業局長に対して『公表したい』と報告した」とし「会見取りやめという連絡があって記者会見を開けなかった。現場として隠ぺいという感覚は持ち合わせていない」と述べた。さらに「少なくとも患者自身、もしくは患者の家族には明確に(クラスターのことを)伝えている」と説明した。

 大規模なクラスターが発生した要因について、椎木医師は「院内で振り返りをしている」とした上で①最初の患者が病棟を自由に移動でき、同じ病棟内で複数の部屋に行ける状況だった②病棟でのベッド・患者の移動が多い時期で、二次的な曝露者が想定以上に出た③たんの吸引措置で飛沫やエアゾルが発生した―ことを挙げた。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ