ICT活用で海外にも学び提供 開設40年 公文式沖縄照屋教室金城室長

 

 公文式沖縄照屋教室が開設40年を迎えた。今年2月に教室運営を引き継いだのは、同教室創設者の娘である金城円さん(40)=那覇市。元教員の経験を活かして日々、奮闘している。コロナ禍で需要が高まったICTを活用したオンライン指導やアットホームな雰囲気が好評だ。「歴史・文化を守りつつも、時代のニーズに沿ったICTの導入や、子どもたち一人ひとりの個を引き出すコーチングを取り入れるなど、私らしいカラーを出していきたい」と目を輝かせた。
 時代と共に変化する老舗の公文教室の今と展望を聞いた。


財全GROUP PRESENTS「Build The Future」。本特集では、財全GROUPが沖縄の未来を築く輝かしい人びとを紹介しています。


国境を越えて母国語を指導。タイの生徒へオンライン教室

 公文式の教室でも、40年続け、さらに親子で受け継いで運営をしていくのは珍しいという。沖縄照屋教室は県内300近くある教室でも生徒数が多く、一目置かれる存在だ。

 そのきめ細やかな学びの提供は、沖縄にいながらにして海外にまで届けられている。国際結婚しタイへ移住した保護者から、「子どもに日本語を覚えさせたい」と相談を受けて週に1回、オンラインで学習を支援している。算数と国語の教材は国際便で事前に郵送。初めての試みだったが、ICTを活用して時間や場所の制約をクリア、iPadと携帯を併用して日本流の公文式を届けている。

 元英語教諭としてグローバルな視点で教育に携わってきた。「英語教育も“世界をつなぐ”というミッションでやってきた。世界各国に学び場を展開する公文式を通して、地球の明るい未来を創造する人材を育成したい」と意気込む。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ