ICT活用で海外にも学び提供 開設40年 公文式沖縄照屋教室金城室長

 

 公文式沖縄照屋教室が開設40年を迎えた。今年2月に教室運営を引き継いだのは、同教室創設者の娘である金城円さん(40)=那覇市。元教員の経験を活かして日々、奮闘している。コロナ禍で需要が高まったICTを活用したオンライン指導やアットホームな雰囲気が好評だ。「歴史・文化を守りつつも、時代のニーズに沿ったICTの導入や、子どもたち一人ひとりの個を引き出すコーチングを取り入れるなど、私らしいカラーを出していきたい」と目を輝かせた。
 時代と共に変化する老舗の公文教室の今と展望を聞いた。


財全GROUP PRESENTS「Build The Future」。本特集では、財全GROUPが沖縄の未来を築く輝かしい人びとを紹介しています。


国境を越えて母国語を指導。タイの生徒へオンライン教室

 公文式の教室でも、40年続け、さらに親子で受け継いで運営をしていくのは珍しいという。沖縄照屋教室は県内300近くある教室でも生徒数が多く、一目置かれる存在だ。

 そのきめ細やかな学びの提供は、沖縄にいながらにして海外にまで届けられている。国際結婚しタイへ移住した保護者から、「子どもに日本語を覚えさせたい」と相談を受けて週に1回、オンラインで学習を支援している。算数と国語の教材は国際便で事前に郵送。初めての試みだったが、ICTを活用して時間や場所の制約をクリア、iPadと携帯を併用して日本流の公文式を届けている。

 元英語教諭としてグローバルな視点で教育に携わってきた。「英語教育も“世界をつなぐ”というミッションでやってきた。世界各国に学び場を展開する公文式を通して、地球の明るい未来を創造する人材を育成したい」と意気込む。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ