ICT活用で海外にも学び提供 開設40年 公文式沖縄照屋教室金城室長

 

 公文式沖縄照屋教室が開設40年を迎えた。今年2月に教室運営を引き継いだのは、同教室創設者の娘である金城円さん(40)=那覇市。元教員の経験を活かして日々、奮闘している。コロナ禍で需要が高まったICTを活用したオンライン指導やアットホームな雰囲気が好評だ。「歴史・文化を守りつつも、時代のニーズに沿ったICTの導入や、子どもたち一人ひとりの個を引き出すコーチングを取り入れるなど、私らしいカラーを出していきたい」と目を輝かせた。
 時代と共に変化する老舗の公文教室の今と展望を聞いた。


財全GROUP PRESENTS「Build The Future」。本特集では、財全GROUPが沖縄の未来を築く輝かしい人びとを紹介しています。


国境を越えて母国語を指導。タイの生徒へオンライン教室

 公文式の教室でも、40年続け、さらに親子で受け継いで運営をしていくのは珍しいという。沖縄照屋教室は県内300近くある教室でも生徒数が多く、一目置かれる存在だ。

 そのきめ細やかな学びの提供は、沖縄にいながらにして海外にまで届けられている。国際結婚しタイへ移住した保護者から、「子どもに日本語を覚えさせたい」と相談を受けて週に1回、オンラインで学習を支援している。算数と国語の教材は国際便で事前に郵送。初めての試みだったが、ICTを活用して時間や場所の制約をクリア、iPadと携帯を併用して日本流の公文式を届けている。

 元英語教諭としてグローバルな視点で教育に携わってきた。「英語教育も“世界をつなぐ”というミッションでやってきた。世界各国に学び場を展開する公文式を通して、地球の明るい未来を創造する人材を育成したい」と意気込む。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ