ICT活用で海外にも学び提供 開設40年 公文式沖縄照屋教室金城室長

 

人材育成と社会実践の場づくりが使命

 金城さんには子どもたちの学びについてもう一つ、プライベートの一環で力を入れていることがある。子どもたちが習得した知識や経験を社会実践する場をつくるため、オランダ発祥の人材育成・組織開発プログラムなどを提供する「SAMI-Japan」の代表として、国内外の教育関係者と未来の学びや教育事例などを紹介し合うオンラインイベント等にも取り組んでいる。

 「これまで育ててきた人材を社会がどう受け止めるかを常に考え、一社会人として未来を創る子どもたちのための受け皿を作りたい」。金城さんが育むのは子どもたち自身のみならず、子どもたちが生きる未来の社会そのものでもある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ