大宜味産の日本そばブランド化へ 10年“隠れていた”地域資源

 

道の駅で販売、村長「まーさん」

「大宜味産和そば販売に関する発表会」の様子=4月27日、道の駅おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター

 販売は「道の駅おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター」の運営会社ファーマーズ・フォレストが協力することになった。4月29日からレストラン「やんばるシーサイド」で「大宜味産和そば」の提供を開始。麺に使われているそば粉は、今年2月に収穫した「新そば」だ。5月上旬からは袋入の生麺の販売も予定している。

 販売開始に先立って大宜味産和そばを試食した大宜味村の宮城功光村長は、何度も「まーさん」と声を上げ、「画期的な発見だなという思い。大宜味産和そばのブランド化に向けて、しっかりとバックアップしていく」と期待を込めた。

今後も村の魅力を発信 サイトも開設

 麺の開発に尽力した荒木さんのグループは今年3月で「かりゆし塾」の活動が終了したあとも、引き続き地域活性化に取り組むことにした。4月にはウェブサイト「ぶながやどっとこむ」を開設して、大宜味村の魅力を発信している。

 「大宜味村は自然に囲まれていて、シークヮーサー以外にもいろんな農作物が作られています。魅力的なモノがたくさんあるのに、まだ広く知られていない。大宜味の人は『商売が下手だ』と言われることもあるが、村の人と一緒になって地域活性化の役に立ちたい」

 今回商品化した麺は将来的に、大宜味村のふるさと納税の返礼品としても活用する展望を描く。また、那覇市内の飲食店で「大宜味産和そば」のメニューを提供して大宜味村の魅力を知ってもらい、観光客を呼び込む計画も進めている。「大宜味産和そば」ブランドを活用した地域活性化の取り組みは、始まったばかりだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

野添 博雅

投稿者記事一覧

1981年生まれ。O型の水瓶座。
琉球大学マスコミ学コースを卒業後、雑誌編集者、テレビ局記者、イベント企画、地方公務員を経て2017年6月に日本酒BARを開業し独立。4か月で接客業に向いていないと悟り店を閉め、現在は映像ディレクター兼ライターとして活動している。
担当番組はOCN「こんにちは!ベンビーです。」など。趣味は酒蔵めぐり。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ