大宜味産の日本そばブランド化へ 10年“隠れていた”地域資源

 

 大宜味産ソバは早刈りが特徴だ。ソバの実が黒くなる前に収穫することで収穫量は減ってしまうが、風味は強く香り高くなる。そば殻を綺麗に剥き中の白い部分のみを使い粉にするため、そば粉10割でも粘りのあるそばを打つことができる。そこまで手間をかけて徹底的にこだわるのは、「自慢の美味しい蕎麦を食べて大宜味村の豊かな自然をより身近に感じてほしい」という農家の想いが込められているからだという。

糸満の製麺業者と商品開発

 すっかり大宜味産そばに魅了された荒木さんのグループは、村外の人たちにも食べてもらえれば魅力が伝わると考え、大宜味産そば粉を使った麺を商品化するプロジェクトを開始した。

 「沖縄は製麺会社がたくさん有るんですけど、作っているのは沖縄そば中心。日本そばの麺を作ってくれるところを見つけることが大変でした。沖縄そばの製造ラインは小麦しか扱っておらず、そば粉を扱うとなるとアレルギーの問題もあるので」

 当初は県外業者も含めて交渉し、試作をしていたが、輸送コストなどの問題から県内企業との商品開発を模索。西崎製麺(糸満市)が麺の製造を引き受けてくれることになり、今年2月に麺の試作を開始した。

 商品化にあたりこだわった点は、そば粉の割合だ。大宜味産そばの最大の特徴である香りをしっかり感じてもらうため、そば粉8割・小麦粉2割の8割蕎麦にした。開発は試行錯誤の連続だったという。最初に作った試作品は、一晩経つと麺が切れてしまい失敗。つなぎの配合や水分量を変えて試作を繰り返し、ようやく満足の行く麺が完成した。

 「完成した麺は2分ゆでて簡単に香りが上がってくるところが特徴で、大宜味産そば独特の香ばしい香りを食べ始めから最後まで楽しむことができる。全国の日本そば好きにも食べてもらいたいし、普段沖縄そばしか食べていない沖縄の人にも、ぜひ一度味わってもらいたい」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ