ライブ配信で芽生える「絆」とは!17LIVEトップライバーYUIさん

 

リスナーとの絆を感じた瞬間が一番の「やりがい」

 YUIさんの配信に遊びに来てくれるリスナーは、お仕事をしている世代が多く、配信の中でのお喋りでは、仕事で大変だったことや普段誰かに言いづらい愚痴を話してくれる事もあると言います。

 ライブ配信の観覧は、顔出しをせず匿名で参加することができるので、遠くにいても気軽にYUIさんに話を聞いてもらえるのが最大の魅力です!

 そんなライブ配信のやりがいを聞いてみると、
「ライブ配信の中で、私とコミュニケーションを取ることで『癒された!』や『元気が出たよ!』とか『救われた』と言ってもらえた時がすごく嬉しいです。私も誰かの支えになる事が出来たんだと実感する事ができるし、何よりリスナーさんと私の間に絆を感じる事ができるんです。その瞬間が一番やりがいを感じますね」と笑顔で話してくれました。

 ライブ配信を始めた動機は「誰かのためになったら嬉しいな」という気持ちからでしたが、逆に今ではYUIさん自身がしんどい時に、リスナーから「私たちがいるから大丈夫だよ!」というコメントをもらえるようになったと言います。

 家族や友達やファンという感覚とはひと味違う『ライバーとリスナーの絆』が、YUIさんのライブ配信の活力となっています。

目標は「関わった人を絶対ハッピーにするライバー!」

 ライバーとして活動して3年目になるYUIさん。今後の目標を聞いてみました!

「特別に大きなことを成し得たいとかはないんですけど、『YUI』という存在がみんなの元気の源になれたらいいなと思っています。ライブ配信にきてくれる一人一人のリスナーとしっかり向き合いながら、私と関わってくれた人全員を、関わる前よりハッピーにしていきながら、一人でも多くの人を笑顔にするライバーとして活動を続けていきたいと思っています!」

 謙虚に話してくれるYUIさんですが、ライバーとして3年間続けるには、リスナーとの信頼関係はもちろんのこと、YUIさん自身に確固たる芯がないと難しいのも事実です。「一人でも多くの人を笑顔にしたい」と心の底から思っているからこそ、ライバーを続けているんだなと私は感じました。

「絆」はコツコツ積み上げる事がコツ!

 手軽に始められると思われているライバーという職業ですが、自分自身に信念がないと、長く続ける事がとても難しい職業でもあります。

 リスナーとの信頼関係を築く事を大切にしながら、誠心誠意ライブ配信に向き合うYUIさんは、ブレない芯があってとてもかっこいいなと感じました。

 ライブ配信だけに関わらず、普段の生活でもコツコツと積み上げる事は、意外と難しいですよね。みなさんもチャレンジしたい事があるなら、まずは小さなことからコツコツと積み上げて、大きな花を咲かせてみませんか?

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

リュウキュウノツカイ・チャキ

投稿者記事一覧

琉球音階や三線の音色を現代のサウンドに乗せた琉球ポップスユニット「リュウキュウノツカイ」の三線、キーボード、ボーカルとして、国内外で沖縄文化の発信を行う。主な取材テーマは「沖縄の未来を切り開く、かっこいい女性」

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ