今こそ知ってほしい現状 ミャンマー人沖縄にも400人超

 
ロイヤルミャンマーのトゥ・ヤ・ソウさん

 2月1日にミャンマーの最大都市・ヤンゴンで、国軍による軍事クーデターが起きて約2カ月が過ぎた。それに対して多くの国民が反発し、デモに参加した人々に対して自国軍が武力を行使、これまでに600人近くが殺害されている。

 沖縄にも400人以上のミャンマー人が住んでいるとされている。那覇市安里でミャンマー料理店「ロイヤルミャンマー」を営み、ミャンマー国内では初となる貧困層が対象の私立小学校「ミエッターイェイミョー小学校」の副理事長を務めるトゥ・ヤ・ソウさん(38)に、今こそ知ってほしいというミャンマーの現状や祖国への思いを聞く。

ミャンマー軍部の富と権力

 「今の在庫が切れたら、ミャンマービールは仕入れないですよ。軍部を支持している企業なんで」。長らく同店の看板メニューだったミャンマービール。ソウさんは、商品ポスターに複雑な眼差しを向ける。

 ミャンマーはタイとバングラデッシュの間に位置し、沖縄からは約3000kmと比較的近い距離にある国だ。同国は1962年から2011年まで約半世紀も軍事政権が続いた。その後は国軍の強い影響下にあるものの新政府を樹立し民主化を実現、これによって近年では海外資本も積極的に参入し、「東南アジアのラストフロンティア」として注目を集めていた矢先のクーデターだった。

 ソウさんは「1988年、2007年にも軍事政権に反対するデモはありましたが、今回がこれまでと違うのは、民主化後に起きた軍事クーデターに対するものだということです」と困惑する。

ミャンマーの首都ネピドーでの抗議活動(CNA YouTubeより)

 ミャンマーは2008年に新憲法が成立したものの、国軍が影響力を維持しようと連邦議会議席の25%を軍指名枠が占めることになった。憲法改正には議員の75%が賛成しなければならないため、残り25%の中から1人でも離反しない限り簡単に改正できない。

 そんな中、昨年11月の総選挙で、民主化のリーダー的存在であるアウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が軍部の想定以上に議席を伸ばした。ソウさんは「もともと軍を支持していた層の一定数がNLD支持に回りました。なので『議会でも軍部25%の中から離反する人が出てくる』との焦りが生んだクーデターではないか」と分析する。

 ソウさんによると、ミャンマー国内では軍部指導層やその周りの支援者が特権を握り、賄賂などのブラックマネーで富を独占しているという。「普通の国民が一生懸命働いても、そう簡単には豊かにはなれないのに、自分のポケットにはお金をたくさん入れています。アジア全体で見てもだいぶ富裕層ですよ」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ