「こんな時だからこそ生の舞台を」琉球芸能と写真展 4日に本公演

 

観客に喜んでもらいたい

 琉球舞踊家の亀浜律子氏を叔母に持つ川満さんは、幼い頃から琉球舞踊や太鼓が身近にあった。「最初の頃は、舞台に出演すれば(出身の宮古島から)那覇や県外、海外へ連れて行ってもらえたから続けていた。だけどハワイ公演でスタンディングオベーションを受けた時、こんなにも自分たちの芸能で喜んでくれる人が居るんだと実感した」。それ以来この道に進もうと本格的に取り組むようになったという。

 観客に喜んでもらえる舞台を作りたいという気持ちは今も変わらず、今回の舞台も様々な趣向を凝らす。後半で披露する語り組踊『手水の縁(てぃみじぬゐん)』では、登場人物の全役を川満さんが一人で演じる。“語り組踊”とは、唱え(組踊のせりふを話すこと)と琉球古典音楽による朗読舞台のような形式で、組踊を観たことがない人にとっては難しく感じるかもしれないが、実際の舞台を想像できるよう写真やナレーションも取り入れながら新しい上演形式に挑戦する予定だという。

 公演ではほかに、池間北斗・大城建大郎・下地心一郎・又吉恭平さんら琉球古典音楽演奏家も賛助出演する。

左から歌三線奏者玉城和樹、カメラマン大城洋平、琉球舞踊家川満香多

舞台×写真の異色コラボ

 琉球芸能と写真の組合せは今までにないコラボレーションのようだが、なぜこのような形式になったのか。

 高校の同級生であり国立劇場おきなわ組踊研修の同期でもある玉城さんと川満さんが今回の舞台を計画した時、まず声をかけたのがカメラマンの大城さんだった。

 玉城さんは「舞台を楽しんでもらうだけではなく、展示や飲食など色々な形で丸1日楽しんでもらう場所を作りたいと以前から構想していた。だからまず写真展をやりましょうと洋平さんを誘った。私たち舞台に出る側の人間とは違う表現方法があると思って」と話す。三人会と決まって具体的に内容を練っていくうち、写真展だけではなく舞台にも写真を取り入れてみることにしたと明かした。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告国場組大寛組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ