告示まで1カ月 うるま市長選の行方は

 

響く不協和音


 そのうるま市長選をめぐって沖縄政界をざわつかせている動きがある。玉城県政与党の一員であるはずの会派おきなわが、今年2月に突如、会派として自民系の中村氏を推薦すると表明したことだ。報道によると、中村氏が福祉分野の政策に明るいことが推薦の決め手だという。


 政党に属さない無所属議員で構成される会派おきなわは、翁長雄志前知事の時代から県政与党の一角を担ってきた。現在の所属議員は県議会議長の赤嶺昇、新垣光栄、平良昭一の3氏。赤嶺氏は昨年6月、県政野党の自民を中心とする積極工作により県議会議長に担がれた経緯があり、その後も「オール沖縄」勢力との距離を置く姿勢が県政与党内の不信を増幅させてきた。

 会派おきなわの中村氏推薦はどう影響するのか。ある自民関係者は「うるまに強固な地盤があるわけではなくただちに票にはつながらないが、政治的な意味合いは無視できない」と話す。うるまの勝敗がどちらに転ぶにせよ、選挙後も薄氷の与党多数という県議会構成が揺らぎ続けることになりそうだ。不協和音が収まる様子はみられない。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ