西銘恒三郎衆院議員が沖縄担当相で初入閣へ

 
西銘恒三郎氏 宮古毎日新聞社提供写真

 沖縄県選出の西銘恒三郎衆議院議員が4日に発足する岸田文雄内閣で沖縄北方担当大臣として初入閣することが決まった。復興担当大臣も兼務する。

 西銘氏は衆院沖縄4区選出で現在は当選5回。沖縄県選出の国会議員としては、細川護煕内閣で沖縄・北海道開発庁長官、国土庁長官を担った上原康助氏、第3次野田佳彦改造内閣で郵政民営化担当大臣を務めた下地幹郎氏、そして第3次安倍改造内閣で沖縄担当大臣を務めた島尻安伊子氏に続き4人目となる。

 西銘恒三郎氏は旧知念村(現在の南城市)生まれの67歳。父親は本土復帰後の1978年から沖縄県知事を3期務めた西銘順治氏、兄は元参議院議員の西銘順志郎氏である。

 西銘恒三郎氏は那覇高校を経て上智大学を卒業、父親の秘書を務めた後に沖縄県議会議員を4期務めた。2003年の衆院選で沖縄4区から初当選し、これまでに国土交通政務官や総務副大臣、経済産業副大臣などを歴任。竹下派に所属し、自民党の沖縄関係の国会議員でつくる「かけはしの会」の会長でもある。今回の自民党総裁選では、岸田氏の推薦人に名前を連ねていた。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ